本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.4
期待値を下げて、観てみたら、案外、楽しめた。本能寺の変×タイムスリップ×綾瀬はるか筋は大体読めるのだけど、やっぱり歴史タイムスリップはそれだけでちょっとロマンがあるのかもしれない。

堤真一の信長。とってもいい人過ぎた 笑
ホテル支配人の風間杜夫がいい味出す。
一方、仕事も見つからず、夢も持たない綾瀬はるかのキャラ設定。いきなり戦国時代で信長にガンガン突っ込む天然大胆さと、本能寺の変の炎に飛び込む勇気。それだけ度胸あったら、すぐ現代でも職決まると思うけど。

そして、綾瀬はるかの胸をこれでもかと強調する数十カット。綾瀬はるか×白ニット×ポーチ斜め掛けの破壊力。男性陣は皆、物語への集中を乱されるでしょう。まあ、これがフジテレビ映画。ホリプロも「おっぱいバレー」に主演させたように、その路線を推進している 笑 一度、日本アカデミー賞授賞式のステージ裏で間近で見かけたことがある。ツブラな瞳で肌がトゥルン。ドレス着ていたので天然お姫様オーラが凄かった。綾瀬はるかと深田恭子は30代にして天然を貫く稀有な存在。2人にはいつまでもそんな天然素材でいてほしい。

私は司馬遼太郎の「国盗り物語」で織田信長の常人ならぬ横暴さ、冷徹さ、理不尽さ、そして偉大さ、天才ぶりを痛感し、あの物語の視点である野心家の秀才であるが凡人ともいえる明智光秀の苦しい気持ちの方に深く共鳴した。今の世の中であれば、明智光秀の信長への貢献は、社長賞10回取ってもまだ余りある多大な尽力、それも10年以上命懸けで貢献した末、ある出来ことで頭を気絶するほどに打ち付けられ、領地を召し上げられ、家臣も露頭に迷うぎりぎりのタイミングで、ある決断をした。それをただの卑怯者とは思えなかった。

この明智光秀の切なさと感じるには「国盗り物語」3,4巻と竹中直人が主演して大人気大河ドラマとなった「秀吉」を最近始めてレンタルで借りて観ているのだけど、村上弘明が演じた明智光秀の陰のある苦悩は絶品。10年位前に、ある打ち上げの席で先輩の無茶ぶりでダンスを踊る羽目になり、開き直ってヤケクソに踊ったら、村上弘明さんに「最高だよ」と褒められたのがとても嬉しかった。いつかまた会えたら、光秀役の感動を伝えたい。

この映画では明智光秀はサラリ。でも信長の死の謎、明智の謀反、秀吉の中国大返し、とミステリーロマンふんだんな「本能寺の変」だからこそ、こうしたどこか緩いファンタジーでも楽しめるのだと思う。
なかなか、面白かった!

すごく金平糖が食べたくなった(笑)
あるホテルのエレベーターで、
大好きなあるものを食べて、
あるオルゴールが鳴ったとき…

奇跡が起こる♪

歴史はよくわからないけど、
本能寺の変だけは、なんとなく覚えてるなぁ。

この物語では、
「もしも、織田信長が明智が来ることを知っていたのなら」
という内容だったけど、
もしもがもしそうだとしたら…

織田信長は同じことをするカッコいい人だったのかなぁ…?

歴史を学んでいるときは、
ただ覚える教科としか思っていなかったけど、
こうやって考えると、
歴史もっと知りたいかも…って思っちゃう…。
もなみ

もなみの感想・評価

3.0
堤真一が信長にぴったり。

それと、緑寿庵の金平糖が個人的にツボだった。
本店で ほうじ茶金平糖を買ったことがある、というだけの理由だけど。

主人公のおっとりとした天然っぷりは、笑うべきところなのかなぁ。

自分が実際にこの時代にタイムスリップしたら、古文が苦手だから言葉通じなさそう、とか無駄な心配をしてみた。

最後に風間杜夫が見た光景は何だったのかな。
誰もベルを鳴らしてくれなさそうだから、帰ってこれないのじゃないかと心配。

綾瀬はるかったら、食べかけ(?)の金平糖を支配人に渡して、現代への帰り方もレクチャーせずに去って行くのだもの。
(本人も最後までわかってなさそうだったし)
K

Kの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

なにもやりたいことがない主人公が過去にタイムスリップして織田信長に出会って少しずつ変わっていく 〜〜ていう映画

エレベーターとかは抜きにして
金平糖食べてタイムスリップしちゃうって
どっかで見たことあるような設定だなーと思った
まあわかりやすい設定だったけど

それにしても過去と現代行き来しすぎだとおもう
しかも本能寺の変の前日って!( 笑 )
信長も繭子のことめっちゃ簡単に受け入れるやん!とおもった
タイムスリップするのもっと前の日でもよかったしもっと過去にいるほうがおもしろかったなーとおもう


でも織田信長演じる堤真一はめっちゃくちゃイケメンだった
綾瀬はるかも好きだし音楽も綺麗でたのしくみれた!

歴史の授業ぜーんぜん好きじゃなかったけどこーいうの見ると歴史知りたくなるなぁ
もう一年前に観たえいがなのか・・・。よく覚えてないそんな映画。修学旅行に行った以来の京都にはまた行きたくなった。
naozona

naozonaの感想・評価

2.7
ホテルのエレベーターでタイムスリップを繰り返す主人公。なぜそこまで信長への思い入れが強いのかわからず、時間が足りないのか説明が足りないのか。

煤けた身なりで現れた婚約者に驚きもせず、「好きな人がいるんだろ?」「うん!」的な物分かりの良さや河原に座り信長と2人で京の街並みを眺めるおセンチなエンディング。
いったい何がどうなってそんな大円団な感じなのか?なぜキミはそんなに満足した感じなのか?
全然わからんかった。


ただ、炎に包まれる堤真一はめちゃくちゃカッコよかったのでそこだけはオススメしたい。
全体的には普通だった。楽しくみれるけどそんなに引き込まれなかった。ラストも冗長に感じたかな。
でも主人公の天然っぷりに慌てる森蘭丸は面白かった。
>|