本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.4
期待値を下げて、観てみたら、案外、楽しめた。本能寺の変×タイムスリップ×綾瀬はるか筋は大体読めるのだけど、やっぱり歴史タイムスリップはそれだけでちょっとロマンがあるのかもしれない。

堤真一の信長。とってもいい人過ぎた 笑
ホテル支配人の風間杜夫がいい味出す。
一方、仕事も見つからず、夢も持たない綾瀬はるかのキャラ設定。いきなり戦国時代で信長にガンガン突っ込む天然大胆さと、本能寺の変の炎に飛び込む勇気。それだけ度胸あったら、すぐ現代でも職決まると思うけど。

そして、綾瀬はるかの胸をこれでもかと強調する数十カット。綾瀬はるか×白ニット×ポーチ斜め掛けの破壊力。男性陣は皆、物語への集中を乱されるでしょう。まあ、これがフジテレビ映画。ホリプロも「おっぱいバレー」に主演させたように、その路線を推進している 笑 一度、日本アカデミー賞授賞式のステージ裏で間近で見かけたことがある。ツブラな瞳で肌がトゥルン。ドレス着ていたので天然お姫様オーラが凄かった。綾瀬はるかと深田恭子は30代にして天然を貫く稀有な存在。2人にはいつまでもそんな天然素材でいてほしい。

私は司馬遼太郎の「国盗り物語」で織田信長の常人ならぬ横暴さ、冷徹さ、理不尽さ、そして偉大さ、天才ぶりを痛感し、あの物語の視点である野心家の秀才であるが凡人ともいえる明智光秀の苦しい気持ちの方に深く共鳴した。今の世の中であれば、明智光秀の信長への貢献は、社長賞10回取ってもまだ余りある多大な尽力、それも10年以上命懸けで貢献した末、ある出来ことで頭を気絶するほどに打ち付けられ、領地を召し上げられ、家臣も露頭に迷うぎりぎりのタイミングで、ある決断をした。それをただの卑怯者とは思えなかった。

この明智光秀の切なさと感じるには「国盗り物語」3,4巻と竹中直人が主演して大人気大河ドラマとなった「秀吉」を最近始めてレンタルで借りて観ているのだけど、村上弘明が演じた明智光秀の陰のある苦悩は絶品。10年位前に、ある打ち上げの席で先輩の無茶ぶりでダンスを踊る羽目になり、開き直ってヤケクソに踊ったら、村上弘明さんに「最高だよ」と褒められたのがとても嬉しかった。いつかまた会えたら、光秀役の感動を伝えたい。

この映画では明智光秀はサラリ。でも信長の死の謎、明智の謀反、秀吉の中国大返し、とミステリーロマンふんだんな「本能寺の変」だからこそ、こうしたどこか緩いファンタジーでも楽しめるのだと思う。
戦国自衛隊に始まる、日本の戦国時代タイムリープモノはやれることが大体決まっていて

一番ネタとして使いやすいのが、歴史改変、タイムパラドックスなんだけども、結局なにも起こらないまま終わってしまうので

観てる感覚は「学校の怪談」のよう
人夏の夢物語、、、みたいな

もうそもそも、綾瀬はるかほど可愛い子が仕事探しうまくいかなくて、、、路頭に迷って、、、と言われても説得力もなくて

信長に恋する良い歳した女性とか、、、少女マンガかな?って感じでチープ

この映画を唯一誉められる部分は

爆乳をばるんばるん振りながら走る綾瀬はるかだけです。
ami

amiの感想・評価

3.5
綾瀬はるかちゃんの可愛いさと堤真一さんのかっこよさを再確認の作品。内容も穏やかで良かったなー。
記録なり。
地上波放送していたのを一応録画してたので見たんですが、個人的には想像の域をまるで出ない凡作でした。現代にいる私がひょんなことから戦国時代にタイムスリップ!?みたいな妄想、歴史好きなら誰でもしたことあると思いますよ(経験者は語る←)
綾瀬はるかの可愛さを楽しむ作品でした。
主人公である頭の弱い女が本能寺ホテルを通して、過去と現在を行き来し、信長と交流を深めていく、ファンタジー色強めの歴史もの。

うーむ、子どもだましだなぁ。
登場人物のキャラ付けがすごくシンプルで人間らしさがない。キャラの行動原理に納得がいかない。
また、過去と現在を行き来するために、ストーリーがぶつ切りで、感情がついていかない。なんか最後感動に寄せようとしてるけど、なぜ主人公がこんなにも信長に入れ込むのか理由が良く分からなかった。

全体的に実写には向かないプロットだったのかなと思った。アニメの方が映えたとは思うが、脚本がしょぼいのでそれでも大成はしないだろうなと思う。

こういうタイムスリップものなんて今までもつかい古されてるし、その中でもしんちゃんの「アッパレ戦国大合戦」という傑作があるので、どうしても比べてしまって、そのしょぼさが浮き彫りになってた。

てか明智はなんでずっと顔芸してんの。

こういう作品は何にもならんから企画段階で誰か止めるべき。何の感動もない。無。

小学生が見るなら少しは楽しめるかも。
もこ

もこの感想・評価

3.0
信長様漢すぎる
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
キャスト豪華だし雰囲気的に三谷幸喜の作品かなと思った。(三谷幸喜の作品そんなに知ってるわけではない)
キャストのそれぞれの役が凄くはまっていたと思う!特に綾瀬はるかと濱田岳。
クスッと笑うシーン多め。
>|