本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

M2

M2の感想・評価

3.2
無職だが結婚を控えた主人公は、彼氏の両親に挨拶の為、京都へ。戦国時代の本能寺とつながるホテルに宿泊することではじまるタイムトラベル物。織田信長と本能寺の変をベースにしているが、それはきっかけにすぎず、自分探しの物語になっているが、あれだけの知識で歴史の教師希望?ちょい無謀では?笑
18-⑥
みさ

みさの感想・評価

3.4
キャストが好きすぎた
まる

まるの感想・評価

3.2
途中ちょっと眠くなったけど…、終わり方がとても良かった◎
たつ

たつの感想・評価

2.8
金平糖を食べたくなる。

濱田岳が良い味だしてる。
つよ

つよの感想・評価

4.0
ホテルのエレベーターが1582年の本能寺に繋がってる。

綾瀬はるかが良くて堤真一もいて雰囲気も「プリンセス・トヨトミ」っぽいと思ったら、主役もも監督脚本も同じだった。
信長良い人バージョン!

タイムスリップ絡めるとどうしても歴史を置いてきぼりにしがちで、まぁ結論から言うとこれもその映画の中の1つでした。

信長を絡めてどうしたかったのか、何を伝えたかったのかがいまいち見えなかった。(別に他の武将でも、なんなら日本じゃなくてもできるような、、)

個人的にはわんぱくさが残ってるような信長の描き方が斬新に感じられたので、そこをもっと生かして欲しかった。

現世と行き来することで戦国の方が薄くなってしまい、結局信長との出会いで成長しただけ、で終わってしまいなんだか消化不良。

結果信長と蘭丸と主人公しか心情とか深いところまで掘ることができず、、

旦那さんとか、光秀とかも丁寧に描写して欲しかったな。

ただ信長と蘭丸の最期のシーンはやっぱいい。もっと戦国時代関連の映画見漁りたいw



2020は光秀大河なのでおそらく信長極悪バージョンとなりそう、、だから今のうちにいい人バージョンの信長を見まくって心を清めておきたい…
明日美

明日美の感想・評価

3.4
やりたいことは意外と身近だったりするんだなあと思った
あこ

あこの感想・評価

2.0
わざわざ映画館で見るほどの映画だったかな?と思いました。
最後はちょっとホロリとしてしまった記憶があります。
>|