本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

M2

M2の感想・評価

3.2
無職だが結婚を控えた主人公は、彼氏の両親に挨拶の為、京都へ。戦国時代の本能寺とつながるホテルに宿泊することではじまるタイムトラベル物。織田信長と本能寺の変をベースにしているが、それはきっかけにすぎず、自分探しの物語になっているが、あれだけの知識で歴史の教師希望?ちょい無謀では?笑
18-⑥
M

Mの感想・評価

3.3
個人的にキャストが好きです。さすが綾瀬はるか!ハマり役!
もや

もやの感想・評価

3.4
綾瀬はるかさんかわいい

歴史ものって、どうあがいても変えられる史実と変えていい史実とそうでない史実があって、何かしらの影響への葛藤あるよね
こういう雰囲気好きの邦画好き
映画見てるって感じがする

夏に家族で見に行きたくなる
日常に潜む系SF
濱田岳かっこよかった
ゆかち

ゆかちの感想・評価

4.0
信長様ーーーーー!!!かっこいい。
どんな作品見ても信長の生き様ってかっこいいね。自分がどうなるか知った上での選択肢まで潔いなんて完敗。
もし歴史上の人物が別の選択をしていたら未来はどう変わるのか…そんな考えを根底から吹き飛ばされた感じです。過去は変わらないのですよ。

凄い金平糖食べたくなった(苦手だから食べないけど笑)金平糖って見た目最強に可愛いよね♡
時代まで違う場所に移動したのに光の速さで溶け込む繭子凄すぎる。
信長と出会ったことで、やりたいことを見つけて前に進む繭子。…いや!!あのイケメンは絶対に手放してはいけないよ繭子!!!笑
ぴよこ

ぴよこの感想・評価

4.0
堤さんの演じる信長がすきでした
nko

nkoの感想・評価

1.0
好きじゃない
>|