来夢

エクス・マキナの来夢のレビュー・感想・評価

エクス・マキナ(2015年製作の映画)
3.8
言いたいことはたくさんある。皮肉にも結構ご都合主義(デウス・エクス・マキナ)な設定が多いよね。そこまで計算してのタイトルだったら素晴らしいけれども。
例えば、意図的とはいえ主人公が少年ジャンプの主人公かってくらいに純粋過ぎる。言い換えればいい大人なのにバカ(頭はいいけど)であり、ロボットに対しての倫理観について議論さえしない(人型である必要性だけは意見してたけど)。
例えば、最重要要素のAI技術を遥かに凌いでいるであろう、人工皮膚とそれを機械の身体に貼り付ける技術や、かなり人間に近い緻密な動きが出来る駆動周りなどのオーバーテクノロジーへ対する言及が一切無いこと。
例えば、これだけの技術力があり、機密機密と言いながら、セキュリティーがザルなこと。カードキーって。
などなど。
主人公が言うように、見た目が箱だったら、この物語は成立しない。それを誤魔化すための「AI」という言葉なんじゃなかろうか。

って『SF』として観ると使い古されたテーマも含めて凡庸かつ大雑把な作品と言える。
それでもこの映画が魅力的で高く評価されるのは、作品の「美しさ」に他ならない。
特にアンドロイドのデザインセンスと、その仕草は秀逸。後半にネイサンに行うある行為でさえ、静かで美しい。すべての半端な部分を許してしまいたくなるほど。

つまり、そう評価してしまう俺も、この映画のお馬鹿な主人公同様に騙されてしまっているんだね。なんも人のことを言えないわけで、美しいものに触れたときに、人は倫理を簡単に裏切って、自分にとってのデウス・エクス・マキナを選んでしまう。
っていうとても怖いサスペンス映画でした。

ネイサンは現代の倫理的にはなにも悪いことしてないのにね。