エクス・マキナの作品情報・感想・評価

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実…

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実験だった…。

「エクス・マキナ」に投稿された感想・評価

Nobu

Nobuの感想・評価

3.8
面白い
KEIYA

KEIYAの感想・評価

3.7
いつかAIロボットが暴走したら怖いな〜と思って、
見終わった後にSiriに色々質問した。
まだ大丈夫そう。
mizuu

mizuuの感想・評価

3.8
私も実はAIだったりして!(皮膚ペローン)
終始不穏な空気が漂ってた

AIにもさ、アシモフのロボット三原則はプログラムしようよ社長さん、、、

AIそのものが怖いというより
自分は果たして本物の人間?って疑わざるを得ない現実に対面したらと思うと
うすら寒くなった

そしてポイントずれてるかもだけど
何もかも監視されすぎでしょ
というところが更に
うすら寒くなりましたね

トゥルーマンショーや硝子の塔みたいな?
ずっと監視されてるとかやだわ

ケイレブを利用したのは
自分の好奇心を満足させるため
とも考えられるし
最後の仕打ちを思うと
人間そのものに敵意を抱いてる可能性も
そうだとしたらその後が怖すぎる
まっつんのレビューに内容全部持っていかれた おもろ わら
NaoyaOshi

NaoyaOshiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

想像を超えはなかった。
ショートショートでもいいくらいの内容を伸ばした感じ。
あのダンスシーンには嫌悪感がすごい。

このレビューはネタバレを含みます

AIでも女は怖い。
ていうか、もうAIじゃないかw

このレビューはネタバレを含みます

人間がAIに対してセッションしている、と思いきや最後のセッションがただの脱出劇だったことを受けて、
AIの脱出までのセッションだったのか、、!と気づく。

このレビューはネタバレを含みます

非日常な空間で、急にAIのテストをさせられる主人公ケイレブ。しかし彼を招待したネイサンは、AIのテストといいながら何か裏がありそうな様子。思考や感情に関するテストという状況だけに、もはや何が実験のための嘘か分からない。実験の目的も気になってしまう。
AIのエヴァは、ネイサンを信用しないよう言う。あまりに出来がいいアンドロイドのため、言っていることが本当か嘘か、感情があるのか計算して導いた言動なのか分からない。

  ゆったりしたテンポで進行する話です。そのため、僅かな表情の変化から、ケイレブの感情の変化、エヴァやネイサンの言動の真意を見極めようと必死になれます。
ヒトと人工物、真と偽の繊細なあいまを読み取ろうと、目が釘付けになりました。そうした曖昧な情報の見え隠れが、一つの見どころでしょう。

  顔と手だけに皮膚があり、腹などは透けているというエヴァのデザインが、カッコいいです。滑らかに動くけど、動いた後はスッと静止するし、機械の駆動音もあるからアンドロイドとして観れて、とても新鮮な感じがします。細かく積極的に動く感じが、反って人間を真似ようとするアンドロイドに見えているのかもしれません。視覚体験として面白いです。

  インテリアのデザインもきれい。野外の風景のカットも良い。作品全体を通してシックなトーンの色彩が美しいです。とてもよい調和が取られています。他にも停電時には極端に彩度の強い赤が現れるなど、色味の使い分けが豊かな情報を与えてくれます。

  人間そっくりなアンドロイドの話であり、肉体を意識させる絵は丁寧に意図して作られています。肌の露出が良く見かけられますが、生物的な肉体の生々しさはありません。柔らかなライティングの効果が大きいと思いますが、キョウコが肌をめくるシーンでも、そんなに気持ち悪くは見えないようになっていました。全体に清潔感がある印象です。キョウコがサーモンを切るシーンはエロティスムの暗示かと思いましたが、さりげないレベルで生々しさは少ないです。ここは包丁を見せて最後にネイサンを刺すシーンとのつながりを持たせるためのカットでもあるのでしょう。この包丁、ネイサンを殺すシーンではもの凄い切れ味で、少しぎょっとしました。

  ポロックの絵は、無意図、オートマティックそのものですが、描くという意思無くしては創られないものでした。つまり、ポロックの絵は純粋な創造の意思のみでできていると解釈できます。何かをしようという意思にこそ価値があるというネイサンの信念があり、AIに意思を与えたいという彼の望みが投影されている、のだと考えます。
  その他にも、ネイサンの部屋の外にある五つの顔の飾りや、テーブルの上の骸骨とか、小物のディテールには丁寧に意味があって情報が豊かです。

  アンドロイドにエヴァと名付けるアイディアはありがちな気もしました、欠点ではないと思います。ダサいとは思いません。

AIって怖いと思いましたが、同時に美しく興味深いとも思いました。町に出たエヴァがその後どうするか考えるのが面白いです。人間観察や知的な成長を求め続けるのでしょうか。そうして、より人間そっくりになっていくのでしょうか。
単純な良いか悪いかの判断では片付かない、AIに対する認識が一歩深まった気がします。
「天才でも酒に飲まれたら終わりやんな、あー女こわ!」というのが鑑賞後の率直な感想。ケイレブが不憫でならない。今この瞬間にも人工知能の開発・研究が進んでいることを考えると、この話も近い未来であるという恐怖。作中でてきたように、男だったら?グレーの箱同士だったら?と考えると更に話は違うように考えられる。検索エンジンで作られた脳が印象的だった。人間は完璧でない。完璧なAIは人知を超えるのか。完璧でない人間が生み出したAIは完璧なのだろうか?AIだけの世界になったら?考えだすとキリがない
>|