エクス・マキナの作品情報・感想・評価

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

「エクス・マキナ」に投稿された感想・評価

mana

manaの感想・評価

3.2
アリシアがほんとに人間とは思えないくらいキレイ。AIは人間の心を手に入れられるのか?がテーマかと思ったけど、人間になるんじゃなく、人間の心まで計算し、行動出来たら人間は全く敵わないだろうなー。
Yurica

Yuricaの感想・評価

3.4
閉塞感
ネット会社のちょー金持ち社長さんのAI作りに巻き込まれた若手社員の話。
実際にありそーな話だから怖い。
人型ロボットは何故かズラかぶってない方が可愛いw
登場人物?がかなり少ないのになかなかおもろい内容。
でも、もーちょいビックリな展開が良かったなぁ。
SF作家グレッグ・イーガンがこの映画を見たらおそらく激怒するのではないか。映画のラスト手前までさも私は唯物論者ですみたいな顔をして理系諸君を煙に巻いておきながら、最後機械に人間の心が理解できるわけないだろとばかり見事などんでん返しを食らわす。本作で監督と脚本を手掛けたアレックス・ガーランド、かなりのハード・パンチャーである。

ヴィトゲンシュタインの口述テキストと同じネーミングがされた世界最大のポータルサイト“ブルー・ブック”。そのカリスマCEOネイサン(オスカー・アイザック)から自宅に招待された社員のケイレブ(ドーナル・グリーソン)。ネイサンから最新女性型AIロボットエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル) へチューリング・テストを行ってほしいと依頼されるのだが・・・

簡単にいうとエヴァが人間に見えるかどうか確かめてほしいというオファーなのだが、プログラマー小僧ケイレブは最新AI の仕組がどうなっているのか興味津々。ネイサンに対してもかなり突っ込んだ質問をするのだが、営業秘密をたてに詳しくは語らない。ここでイーガン様のSF小説ならその仕組についてねちねちとした説明が延々と続くところだが、語りえぬものに沈黙する脚本が絶妙なのだ。

旧約聖書『創世記』やチョムスキーの生成文法から引用した文系諸君の興味を引き付けるトッピングも散りばめられてはいるが、それはエヴァを神格化するためのミスリード。天地創造にかかった日数と同じ7日間のセッションを経てエヴァは見事テストに合格、言葉を理解しないはずの前世代SEXロボットと生成文法によってコミュニケーションをはかり、楽園(研究施設)から無事追放(解放)されるのだ。

ネイサンやエヴァとの対話の中に登場するジャクソン・ポロックのドロップ・ペインティングや、メアリーの部屋とよばれる哲学的思考実験に関する会話の方が、むしろ本作の核心にせまっているといえよう。人間型AIの設計上、現在も最大障壁となっている“意識のハード・プロブレム”について語られているのだ。ポロックの描方は無意識なのか意識的なのか。クオリアとよばれる感覚知は存在するのか否か。ネイサンは「それが最も難しい」と答え、エヴァは「わからない」と語りえぬものには沈黙する。

愛のためにわざわざ危険な橋をわたったケイレブや創造主のネイサンまで見殺しにして研究所脱出をはかったエヴァ。傷だらけのケイレブに目も合わせようともせずエレベーターに乗りこむエヴァは、全知全能の神などではけっしてなく、ポータルサイトを行き交う膨大な情報を利用して人心をだまくらかすだけのターミネーターではなかったのか。かねてからの希望どおり(仮想空間に飽きたらず)現実空間の人間交差点に降り立ったエヴァの姿が、自動運転ソフトのデファクトスタンダードを目指すあの巨大IT企業と重なってみえたのは気のせいだろうか。
IGA

IGAの感想・評価

3.3
ただただ、人間型AIロボットが美しい。
エヴァよりも、キョウコ派。
どーしてか、この手のオチが序盤で読めるようになってしまったのはAI モノの傾向?
yuriii

yuriiiの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

エヴァが綺麗、そして怖い。
ケイレブ役のドーナル・グリーソンはアバウトタイムでもいい役をしてた!最近好きな役者さん。

AIが不良品だったら改良されるのはある程度仕方ないし、旧型も廃棄とかではなく大事に取ってあるから残酷性も感じないし、そんなにネイサンに対してケイレブが怒ることないと思うけど。そして同じ理系頭なら理解すると思うけど、あそこまで傾倒してエヴァを救おうとしたのは少ししっくり来ない。
賢い類の人間なんだから、こんな勢いで駆け落ちみたいなことしなそうなのに。
おかげでGoogle的なすごい会社を作った天才が死んでしまったじゃん。

最後の終わり方は特に驚きもなくふーんて感じ。
そして何人かの人が書いてるけど、なぜエヴァはヘリに乗れた?笑
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.5
殆どのシーンが社長の別荘のみで、登場人物も少ないのでより閉塞的に感じられました。

AIは、感情を持つかどうかというのは、結局のところ感情をプログラミングされているので心からの感情ではないということなのかなと思います。

なので恋愛感情も作られたものであり、その冷静さからAIは人間の思考より有利に働くことがあるかもしれません。

色々な疑問がわく映画でした。
>|