エクス・マキナの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実…

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実験だった…。

「エクス・マキナ」に投稿された感想・評価

僕らが生きてるうちにシンギュラリティはやってくるんですかね

ケイレブが手のひらで転がされまくっててかわいそうだった
無機質と森林と静寂から始まるので一瞬眠気で逝きかけましたがアリシア・ヴィキャンデルの登場でパッチリ。いやーかわいいかわいいとは思っていたけど顔面だけになると物凄い威力放つね。この映画を成立させる重要ポイントだと思う。機械を相手にするには人間のハートはヤワ過ぎるんだよ。自分たちの脆さを忘れて進化を望むなんて愚かしいことだわ。
kazuyan

kazuyanの感想・評価

4.3
AIと人間の共存は可能なのか、かなり深い。後半打って変わってサスペンスに。

見てて猿の惑星思い出した。

こんな裸が普通に出てくると思わんかった。油断してた。笑
Natsu

Natsuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ロボット作るときは必ず人間に害を与えないようにプログラムしないと!!
AIだと関係ないのかしら?
面白かった!
そしてスタイリッシュ!
好みでした。
Losers28

Losers28の感想・評価

3.4
最初に見た時はオチどうなるのか、ケイレブと逃げるのかなーと思ったけど、そんな優しくなかった…せめて鍵開けてくれよ…

途中ケイレブが腕を切ってる時は
見てるこっちも実はそっちか?と思ったけど違った。

AIの知能はプラグラミングか本物の知能として確立したものか、テストの目的は達成されたのだろうけど…まさかそこまで出たがってたとは。人格が出来ているからこそああなったなら、実験は成功なはず、しかし喜べない。

以前AIが人類を滅ぼすと言ってるのを思い出した。ひょっとしたらエヴァみたいに自我の確立をさせたAIがターミネーターとかの人類を根絶させる機械の第1号なのかな〜と恐怖を覚えた。
まい

まいの感想・評価

3.7
わーお…。
いや、うん面白い。

この映画、鏡とかガラスとか影とかで人が2人に見える時が沢山あるの。これは、やっぱり人間とそうでないものの区別がだんだんつかなくなる事暗示してるよね…多分。ガラスや鏡に映る自分は違うものだけど、同じ。同じようで違うものとの共存はできるかできないか。

そしてそれらを区別するポイントって一体どこにあるのか?皆が今考え付いたその区別するポイントを全て完璧に作り上げたら、それはロボットでも人間になるのか?

最後のシーンは、嬉しいような怖いような、変な気持ち。

あ、あと日本要素の多さは何でしょうか?ロボットの話になると必ず出てくる日本。(ベイマックスしかり、リアルスティールしかり) やっぱり技術の最先端だからですかね🤖の割に、キョウコが言葉話せない所とか、好き放題やられてる所とか、結末的にも、なんか下に見られてる感じが……🤔

総じて、アイロボットの超進化系。
とても怖いけど、こんな未来すぐそこまで来てるなという良きSF映画でした。

#記念すべき300本目 #私の好きなロボット人超えちゃうぜ系
ターミネーター、マトリックス、アイロボット、2001年宇宙の旅、her、チャッピー、トランセンデンスを超える人工知能映画の最高傑作だと感じた。

高3の卒論を書いてるときに観たらもっと良い卒論が書けたのになと思ったが、そんなことより現段階でこのようなことが起こってる可能性があることに恐怖しか感じない。
いつかこういう時代が来るのか
ケイレブはうまく利用され、
ネイサンはエイヴァがどこまで人間に近づくのか、
キョウコに刺されるのも、計画どおりだとしたら、と後々考えた。
人とアンドロイドの立場が逆転した。

何をもって人と判断できるのか、あいまいになりそうで、ゾッとしました。
Tokou

Tokouの感想・評価

4.6
映像が綺麗でそれだけで満足だった。AIという今まで模索され続けてきて、これからも盛り上がっていくテーマだが、やはりAIの根底に座っている、人間が警戒している何かを見せる所は、これこそがAIなんだなと思った。AIにはずっと付き纏う問題で、どのAI映画も描きたいのは、この辺りの葛藤だと思う。
外を知りたいっていう純粋な好奇心は理解できるけど、そのために人を殺すことになんの疑問を持たないところが正反対すぎて、AI怖い。機械に道徳や想像力をどう学ばせるかって難しすぎる問題よね…実験に巻き込まれて、逃亡の手助けしたのに機械にフラれるケイレブ、可哀想すぎる。これからの未来、ありえなくもないなと思ってゾワっとしました。