モエコ

アバウト・レイ 16歳の決断のモエコのレビュー・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)
-
観るのを心待ちにし過ぎてたせいで、初っ端からずっと泣いてた。一言目で喜んでいたら、もう二言目では傷ついてる感覚。最近よく考える(誰も傷つけない言葉)というのは本当に難しいよね、と思った。子供達との会話"i'm a boy with a girl's body"に対する"i'm a girl with a girl's body...maybe"のシーンがとても好き。似てるなあと思って、ずっと思い出してた。全然似てないけどね。ずるいやり方コレは