Haruka

アバウト・レイ 16歳の決断のHarukaのレビュー・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)
4.0
トランスジェンダーの男の子、レイのお話

周りからの反発に立ち向かう系のLGBT関連映画が多かった気がする中で、
本人と家族の(女の子から男の子への)過渡期を描いていた点で新鮮だった。

レイだけが純粋で、何一つ間違っていないのに、周りの大人たちが自分のfucked upさをある意味レイのせいにしている感じがリアルだった。
レイのことを防御しているつもりで結局自分のエゴを守っていた的な〜ね