Yuumi

アバウト・レイ 16歳の決断のYuumiのレビュー・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)
3.7
同性愛の映画のほうが比較的多いと感じるし評価されがちだけど、トランスジェンダーの人の話ももっと描いて評価されるべきだなと思った。実際はもっと辛くて苦しくて、自分が自分でないことへの不安や怒り、親の計り知れない葛藤など、重たい雰囲気のはずなのに、作りが良くできていて明るい気持ちで観れた。
グランマとのやり取りなんかはコミカルでユーモアもあって微笑ましく思えた。エルファニングの女優魂はまだまだこれからだ。