ぐりこ

アバウト・レイ 16歳の決断のぐりこのレビュー・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)
3.0
まず最初に言っておきたいが、邦題は完全にミスリーディングだ。テーマは、レイの決断ではなくて(レイの決断は済まされていて、意志は終始一貫してる)、それをめぐる家族の物語、原題の“3 Generations”が的確。

さて、その家族、ちと“普通”ではない。
レズビアンの祖母ドリーとそのパートナー、
恋多きシングルマザーのマギー、
心は男のトランスジェンダー娘レイ、
女4人(生物学的に)の一風変わった家族。
レイの性転換の決断をめぐって、悩んでもめてヒステリックに言い合ったり、マギーの過ちが露見したり、まぁ色々大変なんだけど、、、家族の絆がまるっと包み込んでくれる、そんなお話。最後の会食はなかなか感動的だった。

エル・ファニング、ぴったりな配役だったと思う。中性的な役うまいなぁ。
でも、MVPはマギー役のナオミ・ワッツか。

そして、全編通してテーマカラーの黄色がよく映えた。レイのブーツ、ニット帽や、街のタクシー、黄葉、、、ビビッドな黄色には強い意志としなやかさを感じた。

キーワードは“I'm proud of you”。