アバウト・レイ 16歳の決断のネタバレレビュー・内容・結末

アバウト・レイ 16歳の決断2015年製作の映画)

3 Generations/About Ray

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にして…

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿されたネタバレ・内容・結末

個人的に トランスジェンダー レイの場合体は女で心が男 が愛するのは女だから、レズビアンの祖母からすれば そのままの体で女を愛するレズビアンになればいいって言うのと、本物を目指すという論争が面白かった。LGBTと一括りにしてしまっているけれど、いろいろとあるのだなぁと思った。ゆったり流れる映画。好きだった。失敗っていっぱいするものだし、過ちはするべきだよな、自己責任で。自分の過去の失態、過ちを許せた。
¨軽く、軽く観るべき¨

LGBT🏳️‍🌈を理解しやすく。もっとグローバルな視点で。もっと身近に。
というような意味合いのコメディ感覚で観るならとてもおススメ。

一方、当事者は観ても温度差があるかも。
大事な人の幸せが幸せなんだなって

最後の口パクがとてもすき
サインの入った用紙をお母さんから手渡された時のレイ、エル・ファニングの表情と演技、素晴らしかった。
こっちまで泣けてきたわー。
邦題だとレイの葛藤とか決断がメインの映画みたいだけど、性別適合させるレイの気持ちは最初からブレなし。
3世代、っていう原題は映画のテーマをちゃんと汲んでるんだから、変に邦題に意味を盛らなくてもよかったのでは…。

とにかく、恋愛、10代の性別適合治療、家族の再生、ジャンルを超えた問題てんこ盛り…
でもレイが最後笑ってたからいっか。
ハッピーエンド

色、アングル、祖母の発言
エルファニングがトランスジェンダー役。彼女よりもナオミワッツ目線の映画だった。他の作品で天真爛漫なエルファニングの演技に最近ちょっと惚れてたけど、少し引いてしまうような男っぽい演技と腋毛。特に腹筋してるときの顔が男らしかった。

トランスジェンダーはこれまで出会ったことがないから、話の設定に少し混乱した。ナオミワッツに感情移入する人は多いはず。彼女の人間らしい弱さも含めて。

結局レイはマシューの子なのかどうかも定かじゃなくて、理解が浅いまま終了。映画というよりドラマっぽい仕上がりだった。全体的に雑な印象を受けたけど、2人の意外な組み合わせが見れたので満足。
登場人物はすごく魅力的だった。ハチャメチャ家族って感じ。息子が殴られて帰ってきて、氷が無いからって冷凍の鶏肉で顔を冷やしてあげる場面が面白かった。でも映画全体としては物足りなさを感じた。結局同意書にサインしてもらえるんだけど、それで終わり?ってなった。母親と父親の問題よりもレイ本人にもっとフォーカスしたら良かったのにと思った。
でもElle Fanningの可愛さだけでも観る価値はある。
エルファニング観たさに劇場に足を運びましたがそんな単純な話では有りませんでした。
LGBTは本人だけじゃなく家族も色んな悩みを抱える事になる。真剣になればなるほど衝突も起こる。
この映画ではナオミワッツ扮する母が不憫でなりませんでした。出来れば僕が力になりたい!みたいな(・_・;
とは言え最後は愛を感じる展開になって本当に良かったです。救われました。
 エロ・ファニング主演と思いきやなんと母ちゃん役のナオミ・ワッツが主役だった。娘はトランスジェンダーで息子になるための手術を受けたがっており、母親は母親でレズビアンをカミングアウトしてて既に同性のパートナーと住んでいる状態。この設定で思いっきりワッツ主観で物語を進められても重くなりそうだしいい塩梅でバランスのよい映画だと思う。時折面白いショットが出てきて、らせん階段を上から俯瞰で撮るシーンとか、丸めた書類(ファニングが手術するための親の同意書)が車の後部座席をいったりきたりコロコロ転がるとこなんてもうこの映画のテーマをここだけで描こうとしているかのようでよい。ファニングのボーイッシュな姿もかっこいいなぁ。多少赤がかった髪の毛も素敵。トランスジェンダーの友達に見せてぜひ感想を聞いてみたいと思った。
>|