アバウト・レイ 16歳の決断のネタバレレビュー・内容・結末

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿されたネタバレ・内容・結末

普通って誰が決めたんだろう。
普通ってなんだろう。
人と違うことの何がいけないんだろう。

めちゃくちゃ考えさせられた。
主人公のレイに勇気を貰える作品。
周りの偏見や冷たい言葉にも負けずに我が子を思い困難に立ち向かう母の愛に涙が溢れて止まらなかった。

ただテンポがゆっくりで私には少し物足りなく感じてしまったところでこの点数!

内容自体はとても濃くていい作品でした!
エルファニングの少年感。あどけなさ、憧れや希望に満ちた(大人になって思うあのとき特有の)時間、溢れでる苦悩、ちょっとした仕草や表情から、唯一無二のレイ16歳という一人の少年が、そこにはいた。
昨日観た作品では、エルファニングは宇宙人の美少女だった。笑
ナオミワッツも素敵。あとおうち、車、洋服、素敵。
トランスジェンダーにスポットが当たる昨今、本当に繊細なテーマだと常々思う。新しいもの(本当は昔からあるのだが)を受け入れるときに、人は必ずスポットを当てて整理したがるが、マイノリティという言葉自体が彼らを区別するとも感じる。
レイはただあるべき姿で居たいという導きのままに生きようとし、そこには決断という概念はなく、突き動かされている結果であるだけ。決断をするのは両親や家族だ。おばあちゃんがレイを待ち伏せするシーンは、殊に気に入った。
ラストシーンは、あれでいいのかな?と、正直、家族の悩み渦中の私は違和感を持ったけど、母が決断した瞬間はあそこだったのかも。我が家にとってもあんなラストは理想なのかもしれない。
数日前にダコタ・ファニングの映画を観たので、今度は妹の映画を鑑賞。

邦題のように、確かにレイについての映画ではあるけれど、原題の3世代の話と言った方が内容には近いかな。

レイがどう生きていくかの悩みについての話かと思いきや、彼の考えは初めから一貫していて、トランスジェンダーの子を持つ母親の葛藤がメインに描かれていた。

レズビアンのパートナーがいる祖母、シングルマザーの母親、トランスジェンダーの娘など、設定てんこ盛りだなぁとは思ったけれど、マイノリティーだからこそ説得力のあるもあるわけで、その辺りの塩梅は良かった。

性転換に関わる事柄について、自分にとって良い報せがある度に喜ぶレイを見るマギーの表情が彼女の心情を全て物語っていてナオミ・ワッツの演技がとても良かった。
レイの身体違和に共感して泣いた

自分が望まない性として扱われるのは悲しい

本人は幼い頃から決心が着いているのに周りの大人が動揺してサインするまでに時間が掛かる話

レズビアンの祖母が性自認と性的指向をそれぞれ分けて考えられず、無知な質問をレイに色々投げ掛けていたが、ラストにレイを本当の意味で受け入れることが出来て良かった。


大学の図書館で鑑賞
リクエストが通ってうれしい
ラスト、嫌すぎ~……
題材は重めだけど、結構普通に見れた。脇役のおばぁちゃんたちが良い
最後のカミングアウトいる?そこからが、あんまり好みではなかったような…
個人的に トランスジェンダー レイの場合体は女で心が男 が愛するのは女だから、レズビアンの祖母からすれば そのままの体で女を愛するレズビアンになればいいって言うのと、本物を目指すという論争が面白かった。LGBTと一括りにしてしまっているけれど、いろいろとあるのだなぁと思った。ゆったり流れる映画。好きだった。失敗っていっぱいするものだし、過ちはするべきだよな、自己責任で。自分の過去の失態、過ちを許せた。
¨軽く、軽く観るべき¨

LGBT🏳️‍🌈を理解しやすく。もっとグローバルな視点で。もっと身近に。
というような意味合いのコメディ感覚で観るならとてもおススメ。

一方、当事者は観ても温度差があるかも。
大事な人の幸せが幸せなんだなって

最後の口パクがとてもすき
サインの入った用紙をお母さんから手渡された時のレイ、エル・ファニングの表情と演技、素晴らしかった。
こっちまで泣けてきたわー。
>|