アバウト・レイ 16歳の決断のネタバレレビュー・内容・結末

アバウト・レイ 16歳の決断2015年製作の映画)

3 Generations/About Ray

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にして…

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿されたネタバレ・内容・結末

登場人物はすごく魅力的だった。ハチャメチャ家族って感じ。息子が殴られて帰ってきて、氷が無いからって冷凍の鶏肉で顔を冷やしてあげる場面が面白かった。でも映画全体としては物足りなさを感じた。結局同意書にサインしてもらえるんだけど、それで終わり?ってなった。母親と父親の問題よりもレイ本人にもっとフォーカスしたら良かったのにと思った。
でもElle Fanningの可愛さだけでも観る価値はある。
エルファニング観たさに劇場に足を運びましたがそんな単純な話では有りませんでした。
LGBTは本人だけじゃなく家族も色んな悩みを抱える事になる。真剣になればなるほど衝突も起こる。
この映画ではナオミワッツ扮する母が不憫でなりませんでした。出来れば僕が力になりたい!みたいな(・_・;
とは言え最後は愛を感じる展開になって本当に良かったです。救われました。
 エロ・ファニング主演と思いきやなんと母ちゃん役のナオミ・ワッツが主役だった。娘はトランスジェンダーで息子になるための手術を受けたがっており、母親は母親でレズビアンをカミングアウトしてて既に同性のパートナーと住んでいる状態。この設定で思いっきりワッツ主観で物語を進められても重くなりそうだしいい塩梅でバランスのよい映画だと思う。時折面白いショットが出てきて、らせん階段を上から俯瞰で撮るシーンとか、丸めた書類(ファニングが手術するための親の同意書)が車の後部座席をいったりきたりコロコロ転がるとこなんてもうこの映画のテーマをここだけで描こうとしているかのようでよい。ファニングのボーイッシュな姿もかっこいいなぁ。多少赤がかった髪の毛も素敵。トランスジェンダーの友達に見せてぜひ感想を聞いてみたいと思った。
異性愛者って言葉がとても印象的でした。

こどもの夢ってころころかわるじゃん。
小学生の頃はヒーローになりたいなんて言ってた子が中学生ではバスケ選手になる!高校になったらバンドマン!みたいな。
トランスジェンダーって理解してるつもりでもやっぱりまた未成年だし、ただいっときの迷い、若気の至りみたいに…
もしかしたらレイの手術をしたがる欲もかわるんじゃないかと。
ここでサインをしてしまって手術をうけさせてしまって、大人になった時に後悔させてしまうんじゃないか、やっぱり女のままがよかったなんて思わせてしまったら。って思うと…だって未成年なんだもん。
自分が何者かなんてわかってないでしょ。
それに、どこかまだ娘が息子になるという事実に踏ん切りがつかないところを、元旦那(元彼?)のせいにしてしまってね。

親の責任ってもんは。。。実に重い。

エル・ファニングの演技がなんかな…
男気見せすぎだし、ところどころ女をみせてくるから戸惑ってしまった。
ただ、母親の過去の不祥事を知ってしまったシーンの泣き叫ぶシーンはすごかった。
スーザン・サランドン、ナオミ・ワッツ、エル・ファニング…贅沢な映画だなぁ、そしてこんなに素晴らしい女優たちを揃えているのに勿体無い。

トランスジェンダーのレイ、その苦悩を差し引いても自分のことしか考えてない、16歳だから親のことなんか眼中にないのは仕方ないけれど。自分のやりたい事がすぐに実現しないとイライラ、親が自分の言う通りに動くという条件付きで親に愛情を持つ。
大多数のトランスジェンダーの人たちは自分が働いて得たお金で違和感を無くす方策を取っているのでは。

レイの母親マギーはレイの父親と結婚せずにレイを産み、しかもレイの本当の父親は
その弟だったという昼ドラ的展開(この作品は元々ドラマだったとか)
そして未婚の母となったのに自立できずレズビアンの母親と同居し経済的に世話になっている。節操なさすぎ、いい加減すぎ。

〈自分自身に正直に生きる〉ってこういうことなのかなぁ。正直に生きた結果も自分で引き受けないとね。
その意味ではマギーの母親ドードーは潔くてかっこいい。

スーザン・サランドン美しかった!

″僕の美しい人だから″ 笑!
前情報なしで行ったらとんでもなかった!
誰がサインしたのか結局はっきりとは出てこなくて、それはレイにとっては誰でもいいからかー
と思ったけど、最後はそうではない終わりかたでほっこりしたわ

スーザン・サランドンの存在感
この人ほんまかっこいい
KT Tunstallの曲もいい
印象的なセリフや印象的なシーンが多かった。登場人物の心を表してるんだろうなって感じた、人の出ないシーンが多かった。

マギーは口では1番理解あるように発言してたけど実際は揺れまくってたんだなぁ。子どもの人生なんだから!!って思うけどそう簡単にはいかない親心。でも飛んで喜ぶレイを見たら良かったこれで良いんだって心から思っただろうな。唯一の正しい選択だもんねレイの存在は。
エルファニングは完全に男の子だった。髪刈ったり脇毛生えてたり、挙動も口が薄くひらきがちなのも全部女の子っぽくなかった。思わずいつものエルファニングどんなだっけ?て検索しちゃったくらい。
映画は、映画の尺の中で起承転結・事件が起こってそれを中心に始まって終わるタイプと、ずっと続いている暮らしとか人生とかそういうものが元々あって、その一部分を映画で切り取った、みたいなタイプがあると思ってるけど、これは前者と後者融合パターンだなと感じた。
レイってトラックの運転手みたいな名前なんだね。日本でいうと「西園寺隼人って財閥の跡取りっぽい!」みたいな感覚なのかな。
邦題でレイの決断、的なサブタイトルがついてたけど、英題三世代なんだ…確かにこれを三世代って邦題にしたらちょっと違うかもだけど、英題いいなって思った。
レイの決断についての映画というより、レイはもう決断しててずっと心は決まっていて、それに伴って周りの大人がどう心を決めて行くかって部分に焦点があった気がする。その決断で過去の清算があったり。
母親は後半にオイオイ!な部分が出て来て共感できなかった。ずっと母親の元で同居していて、それを母親も母親のパートナーも解消したくて…っていうシーンとか。いや同意の元じゃなくて出てって欲しいと思われてるんだ?!それを「追い出すのね」とかいうんだ?!みたいな。あとは元夫を10年も消息不明だったと詰りながら、実際別れた原因は夫を裏切ってその弟と寝たからだとか。「それはだめでしょ!」が後半強くてあまり共感・同情できなかったけど、不完全さを印象付けるための設定なのだろうか…自分の弟と寝られたら流石に別れるよ!嫌だよ!!元夫は無責任なやつなのかなと思ったけど、本当は家族思いの人だったし。最後はみんなで食事会してて良かったなぁって。
誰だって自分の大切な人がもう後戻りできない決断をするとき、その背中を押すのに戸惑うし勇気要るよね。自分のことじゃないから余計に迷いそう。
心の距離感と、物理的な距離感のバランス大事だなって祖母と母の関係を見て思った。愛情はあるけどそれほどわかり合ってないなぁって存在と物理的に近いと干渉とか甘えとかバランス取るのが難しい。
エルファニングがとても良かったので見てよかった。
日本題はこれでいいんでしょうか…
レイは16歳よりも前に決断していたと思う。お母さんが決断する立場。
自分が親になっていないからどうなのか分からないけれど、子供から「性転換手術」したいと言われたら泣くだろうし相当悩む。レイがサインもらえないと聞くと落ち込んだり、サインもらえるかもと聞いたら飛び跳ねて喜んだり、親としては本当に複雑だと思った。喜んでほしいけれど…
父の現娘が「私は体も心も女の子だよ」というようなことをレイに言ったら「ラッキーだね」と言ったのが印象的でした。
観た人によって可か否か判断が分かれる映画。ラストはだいぶボンヤリ。ハッピーエンドなのかはさておき北欧映画っぽく終わる。

ストーリーは、、、

↑↑に悩む16歳の少年(身体は女)と彼をとりまく家庭や周囲の物語。

トランスジェンダーとして特別学校に通っていたが、これからは男子として生き、学校も普通校に通うことを決意した少年。
その手続きに際しての本人も含めた両親や周囲の悩みや葛藤を描いている。

ざっくり書くとこんな感じだが、ディテールが凄まじい。この彼の周りが複雑すぎる。主人公すらも自分の周りにはいないのに。

片親である母親が性依存。同僚などと飲みに行く感じでサクッと朝同じベッドで目を覚ます。

で、同居している母親(主人公にとって祖母)がレズ。なので家にはもう1人オシャレなバァさんがパートナーとしている。でもって女性人権団体の偉目の活動家らしい。

レイが小さいときに家を出て行った親父は若い妻と再婚し仕事でも成功を収めて子宝にも恵まれまくっている。

そりゃややこしくなるよ。

主人公が男して生きて行くため筋トレをしたり、その記録を自撮りしたり、地元の不良に絡まれたり、好きな女の子の何気ない一言に傷ついたり、、、

しながら成長する物語ではない。

周りがひっちゃかめっちゃかにしながら衝撃の事実も発覚しレイブチ切れ。みんなで事実を共有したとこで親父も承諾書にサインして仲良く夕飯を囲んで終わり、

気になったとこ、、、

舞台は多分ニューヨークでオシャレなアパートメントに住んでいる。3階分。あれで家賃いくらなんだ。。広くはなかったがとにかくいちいちオシャレだ。本とか壁とか。よく屋上でバァさん2人でお茶したりレイが筋トレをする。街並みなども雑多な雰囲気だが外人補正でオシャレに見える。いや多分補正してんだけど。。。

街並みの色に深みとコントラストがある。そこに白人の肌が際立つ。鑑賞後家に帰るときに道行く人や建物などを見たがやはり日本はグレーグレーだ。

「性同一性障害」という日本語の言葉の強烈さ(「性」2回出てくるし「障害」とか..)
トランスジェンダーと横文字にするのが日本でも浸透しているのかな。。
ニッショーホール
1/19
試写会にて鑑賞。試写後に松浦弥太郎さんのインタビューイベントあり。

靴を取ってあげるシーンがいい。
ラストエンペラーもそうだが、「靴=自律して自分の足で歩き出すこと」、の暗喩で、その靴を取り返すために協力して夜の街で行動する三人の姿が美しかった。

しかし個人的に、家族をモチーフにした作品で「子供が大人に振り回される」「大人が反省しない」「特定の人物に責任が負わされる」のはつらい。
不貞を働いた母のみが原因なのか?
祖母にもまたなにか過去があるのではないか?
こうした点が伝わったら、それぞれ三人に、人間ひとりひとりとしての奥行きが出たように思う。
この作品が描こうとしたテーマであるならば、「バチカンで会いましょう」が一歩先を行っている。

それから、度々挿入される、レイの自己表現手段である動画の描写が唐突で消化不良であった。

トランスジェンダーもの+家族もの+青春もの、という要素をいろいろ詰め込みすぎたのか、焦点がぶれている感が否めない。
>|