アバウト・レイ 16歳の決断の作品情報・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断2015年製作の映画)

3 Generations/About Ray

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にして…

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿された感想・評価

たろ

たろの感想・評価

3.6
試写会にて。エル・ファニングのワキ毛がボーボー!それもそのはず、トランスジェンダーを題材にし、LBGTについての今作なので、今回のエル・ファニングは男の子だった。いつも可愛い可愛い言ってたエル・ファニングが立派に男の子でした。

アバウト・レイという題名だし、エル・ファニングがゴリ押しされているのでレイ目線なのかなって思っていたら、そうじゃなかった。母親メインにストーリーが進んでいった。ナオミ・ワッツ、いくつになっても綺麗すぎだな。

難しく繊細な問題に揺れる家族とその周りと、そして本人のレイの中で揺れる不安だとか、心配、立場、喜び、悲しみ、いろんな感情が含まれてる映画でした。

ラストの感じ良かったなぁ。私も色んなところでビデオ回そうかな。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
トランスジェンダーの男の子、レイのお話

周りからの反発に立ち向かう系のLGBT関連映画が多かった気がする中で、
本人と家族の(女の子から男の子への)過渡期を描いていた点で新鮮だった。

レイだけが純粋で、何一つ間違っていないのに、周りの大人たちが自分のfucked upさをある意味レイのせいにしている感じがリアルだった。
レイのことを防御しているつもりで結局自分のエゴを守っていた的な〜ね
観るのを心待ちにし過ぎてたせいで、初っ端からずっと泣いてた。一言目で喜んでいたら、もう二言目では傷ついてる感覚。最近よく考える(誰も傷つけない言葉)というのは本当に難しいよね、と思った。子供達との会話"i'm a boy with a girl's body"に対する"i'm a girl with a girl's body...maybe"のシーンがとても好き。似てるなあと思って、ずっと思い出してた。全然似てないけどね。ずるいやり方コレは
ショートカットになったエル・ファニングのオフショットは雑誌などで見たことがあって、どんな役作りだろうと思っていたらこの作品だった。
たまたま地元のミニシネマで再上映されていたので鑑賞。

LGBTを扱う難しい内容。
気持ちでは異性に恋をしているけど、外見から見ると同性愛になる。
レイが好意を抱いている同級生には決して振り向いてもらえないシーンがなんとも虚しく印象的だった。

少し人物の相関図がハチャメチャな感じはあるが、それが真実を明かされた時のレイの人生の波瀾万丈さが際立つので良し。

近年ハリウッドでも俳優・女優がカミングアウトをすることが増えてきているが、自身の性について悩んでる人が世の中にこんなに沢山いるんだと気付かされる。
【2018/4/17】36本目
r

rの感想・評価

3.3
KICKして颯爽と街を駆け抜けるSK8板
CHEWING GUMを小さな口に沢山頬張る
深く被った KNITCAP 薄っすらと残る
あどけなさに 時折見せる女性らしさ
16歳という大人でも子供でもない 時期
"もしも気持ちが変わったら.."と言う
母の不安 と 裏腹に 焦り急ぐ 少し疲れた顔
思うままに 生まれたのであれば
思うままに 事が進むのであれば
思うままに 生きる事が出来るのであれば
躊躇いもなくあの子の唇を奪えたのかな__
_
_
LGBTの中でも同性愛とTRANSGENDERの
感性 価値観 が 大きく違う事に頷きながらも
同性愛者の叔母も"孫息子"を知らない間に
傷つけてしまう描写 大きな一歩に責任を感じ
本人の意思とは裏腹に同意に踏み込めない母
正直 向き合う時間 消化する時間 等
少し 尺長でいいから観たいと思いましたが
somewhere
20thcenturywomen
howtotalktogirlsatparties で虜になった
ellefanning の演技に大満足◎
女性監督が撮った事で 車内での会話
お婆ちゃんが緊急のハシゴ登る場面
アザを冷やす物が◯◯と お茶目なのも♡
自身で撮る 語りかける成長記録は
今の心情が分かりやすく表現されていたり
けして"面白い"物差しで測る作品では
ありませんが LGBTを理解するには
最も分かりやすい作品かもしれません
さち

さちの感想・評価

4.3
可愛さやそのカリスマ性だけじゃなくエルちゃんのたしかな演技力が堪能できる作品☺️💕

アレだけ刈ってすっぴんでも女の子っぽさは消えないのが逆に羨ましいけどね〜😅

あとなにって、ナオミ・ワッツの美しさはほんと凄い❣️あと半年で御歳50歳とか美魔女が過ぎるぜ👏😂👏

おばあちゃんたちの半生も気になりすぎる😆
JinRock

JinRockの感想・評価

3.0
2018年40本目
元旦那がすげえイイ奴。
chip

chipの感想・評価

3.8
エル・ファニングの確かな演技力にびっくりした!
からだは16才の女子、心は男子、自分のからだがイヤでたまらない。筋トレして鍛え胸をキツく巻いて。
つまんなそうに座る彼女、好きな子に恥ずかしそうに話す彼女、少年そのもの。

トランスジェンダー、ホルモン療法でからだも男に!!
レズビアンじゃダメなの?と何度も聞く祖母がおかしくて~この奔放な祖母、スーザン・サランドンが演じている。

ホルモン療法許可のサインを、別れた夫にもらうために奔走する母、ナオミ・ワッツも良かった。この母も過去に問題がたくさんあって!
それはやっちゃいけない、でしょう…ってことまで。それが離婚の理由。
それぞれ問題があって、みんなそうだけど。

父の再婚先の家族と仲良くなって~この子のこと、みんなで心配して。
こんなところ、アメリカだなぁ。
>|