アバウト・レイ 16歳の決断の作品情報・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断2015年製作の映画)

3 Generations/About Ray

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にして…

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿された感想・評価

たろ

たろの感想・評価

3.6
試写会にて。エル・ファニングのワキ毛がボーボー!それもそのはず、トランスジェンダーを題材にし、LBGTについての今作なので、今回のエル・ファニングは男の子だった。いつも可愛い可愛い言ってたエル・ファニングが立派に男の子でした。

アバウト・レイという題名だし、エル・ファニングがゴリ押しされているのでレイ目線なのかなって思っていたら、そうじゃなかった。母親メインにストーリーが進んでいった。ナオミ・ワッツ、いくつになっても綺麗すぎだな。

難しく繊細な問題に揺れる家族とその周りと、そして本人のレイの中で揺れる不安だとか、心配、立場、喜び、悲しみ、いろんな感情が含まれてる映画でした。

ラストの感じ良かったなぁ。私も色んなところでビデオ回そうかな。
ak

akの感想・評価

3.2
どっちに生まれてもいけるエルファニング
3akata

3akataの感想・評価

3.4
トランスジェンダーの葛藤と思いきや家族の再生物語。
気分的には合ってた。
イチ

イチの感想・評価

3.6
オシャレな雰囲気の映像だけど、難しいテーマだった。

心は男である女の子が、体も男性になろうとする話よりも、女の子の家族構成の方に注意を逸らされた。昼ドラも真っ青なドロドロな家族の成り立ち。少し、詰め込みすぎな気がする。

女の子最後の日の晩餐が、SF映画みたいで信じられなかった。
古

古の感想・評価

3.2
トランスジェンダーの16歳のレイがホルモン療法を始めるため、レイの母親が別れた旦那に同意のサインを求めに行くお話。レイも主人公ではあるんだけど、トランスジェンダーの子を持つ母親の葛藤が主軸。
後半明かされる真実から、母親の肩を持ちにくくなったけど、だからこそ男親のこともフラットな視点で見られるようになった。祖母がレズビアンだったり、母はシングルマザーだったり、シングルマザーの理由がアレだったり…と複雑な要素を詰め込み過ぎでは?って気もするけど、まぁまぁ綺麗に纏まってて特に不満は無し。ちょっとライト過ぎる印象はあるけれど、LGBTを扱った作品が不慣れな人にはこれぐらいが見やすくて丁度良いのかなとも思う。
複雑で微妙な年頃の男の子を演じたエル・ファニングがとても良かったです。
pachi

pachiの感想・評価

3.8
男の子になりたい16歳のレイは、母親が理解してくれるものの祖母が認めてくれず、また性転換するためには幼少期に離婚した父親のハンコも必要という事でなかなか思うように進まない。しかし、レイが知っている以上に複雑な事情があり、、、
トランスジェンダーの話ですが、本人よりも母親の葛藤を中心としたストーリー。
この映画は最後の結論の違和感をどう捉えるか、によって感想が変わりそうな映画。
#ぱち映画 #映画 #おすすめ映画 #おすすめDVD #movie #movielover #映画部 #映画好き
えひ

えひの感想・評価

3.7
物語:0.8
演技:0.8
音楽:0.7
映像:0.7
美術:0.7
ミ

ミの感想・評価

3.3
最後のタクシーのシーンがよかった
エルファニングすごい男の子だった
Saki

Sakiの感想・評価

3.9
レイの視点からのお話かと思いきや、トランスジェンダーの子どもを持つ親の気持ちを考えさせられる映画だった!
我が子のあんなに喜ぶ姿を見たら決断してよかったと思うだろうなぁと思った⁽ ˙˙̮ ⁾

ガーリーなエルファニングが、イケメン少年にしか見えなくてすごい!!
>|