アバウト・レイ 16歳の決断の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

アバウト・レイ 16歳の決断2015年製作の映画)

3 Generations/About Ray

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にして…

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿された感想・評価

Ateam

Ateamの感想・評価

3.3
ただでさえ難しい性同一性障害なのに
さらに複雑な父親問題

物語の主人公はレイの様で
ママに移り変わっている。

ママがめっちゃ美人
Mao

Maoの感想・評価

-
めっちゃ好きなやつやったわ
映画館で見たかったーーー
Leo

Leoの感想・評価

4.2
きっと観た後に黄色が好きになる。

物語や人物、画や音の表現も含めて、
バランスの取れた作品だったと思う。

エル・ファニングが演じたレイに、
僕は言葉にならない瑞々しさを感じた。

個人的に大好きな映画のテイスト。
みるか

みるかの感想・評価

3.6
レイだけではなく家族がまとまっていく感じがとても良かった。途中レイに感情移入しちゃう部分が結構あって泣きそうになった。エルファニングの演技力や役作りも素晴らしかったです。
男の子になりたいエル・ファニング目線の話かと思いきや、以外にも視点はナオミ・ワッツ演じる母親の方だった。

息子に寄り添いたい、息子の意見を尊重したいと思いながらも、16年、「娘」として育ててきた側からすれば、困惑と違和感は拭えない…。

自分に置き換えたとしても、「ok,明日から息子ね!」とは快諾できない。

どれだけしっかりしていたり、革新的な考えを持っている親御さんでも、自分の子供が、性別を変えたいと言って、ひるまない人は少ないのではないか。
決断したとして、その後、その決断に、100%の自信を持てる方もまた。

ナオミ・ワッツの、例え親と言えど、年齢を重ね、それなりの人生経験を積んだと言えど、駄目なところのある感じ、
やけくそ気味になる感じ、リアルでした。
コバ

コバの感想・評価

3.8
おばあちゃんたちの図々しさは世界共通ですなwww
盗み聞きしたり”I told you so”って言ったりなどなど。

好きな女の子に男の子扱いされないのはめちゃくちゃ辛いだろうな。。
エル・ファニング凄いなあ
m

mの感想・評価

3.6
ある議員が心ない投稿をし、今日本では再びLGBTの事が大きく話題に。
だからという訳ではないですが、思わずこの作品を手に取りました。

"レイ"は"ラモーナ"であり、"ラモーナ"は"レイ"。
身体は女性、でも心は男性。
性指向も同性であるレイは完全なトランスジェンダーです。
「he」と「she」の言い間違えですらレイを傷付けてしまうこの難しさ。
それは彼を取り巻く家族にも同じ事が言え、本当に周りがどうこう言える問題ではない。他人が出来ることといえばただ寄り添う事か、変わらず付き合っていく位なものです。

エルちゃんは流石の演技力ですね。いつもより声も低めで、化粧もほぼせず本当に少年から青年の間のうま〜い表情。
レイはまだまだこれから治療を施して男性へと変化していく訳ですが、その覚悟と不安と悦びが表裏一体となった車内での涙はこっちまでぐっときました…

え!?ここで終わるの!?
というラストでしたが多分彼らの苦難も家族の物語もまだまだ終わらないという事を示唆してくれている気がします。

母親は過去の過ちと今やっと向き合いつつある訳ですし、レイはこれから男性になっていく。きっと新しい学校で新しい出会いを見つける。2人のマザーズ達はこれから老いと向き合っていく課題があり、レイの2人の父親は家族の在り方をいちから問い直すのです。

人生は誰しもこうして波があります。
レイは持っている身体と性別が食い違ってしまった。
ひとりでは困難の多いこの状況、しかし家族が"彼"を認め、支えていくからこそ希望は拓く。
こう考えると、誰にでも同じ事が言えますね。
私の友人にも居ますが、シンプルに考え、暖かく寄り添ってあげたいものです。
人がどう思うかで人が自分に対する意識は決められる。
おばあちゃん最強かよ。
み

みの感想・評価

2.5
ぼんやり観ちゃったから、途中であれ?これ誰だっけ?となってしまって、これはわたくしの悪い癖
エル・ファニングさんよかったです、美少年、短髪も似合う
機会があったら見返すかな?どうかな?
なんとなくオールドスタイルだったのと、音があんまりなかったのと、お母さんがどたばたしてたのは覚えてる
maya

mayaの感想・評価

5.0
素敵な映画