アバウト・レイ 16歳の決断の作品情報・感想・評価

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿された感想・評価

正直期待外れ。
主人公レイの理解者であるはずの母と祖母が、むしろ彼を生き辛くさせてるのじゃないかとすら思えてくる程イライラさせられます。

早くその家を出ちゃいなよ!と思いながら、眉間に皺を寄せたまま終わってしまいました。
女子が「僕」と言う。生理を止めたがる。男子のように粋がってみせる。もったいないことに胸に包帯を巻き、膨らみを隠そうとする。

男子役だから化粧っ気のない素顔をさらけ出す。「男」になるための関門が待ち受ける。ストレスですぐに発狂する。

脇毛もボーボーのアマゾン密林だ。この脇毛の生え際は極めて不自然だっ!なんでも鑑定団で贋作の判定が下されるに違いない。

エル・ファニングが難役に挑む。女の命、髪を切り覚悟を見せる。エル流に男子を演じるが、違和感を感じ馴染めない。

トランスジェンダーの批判にさらされたり、公開延期になった問題作に期待した。でも裏切られた。賛否両論の評価もあるが、どう見ても賛成できない。

うっ、気づいたら批判ばっかりしている。いつものように褒めちぎらないと…

とにもかくにも、バッキャローッ!
いかにも雰囲気のある画で、いい感じに見えます。
ですが、えっ?
それとこれとは話が違うんじゃない?レイちゃんそれで全部いいの?ってなっちゃいました。
YOLO

YOLOの感想・評価

3.3
✴︎レイの服装や髪型が素敵。お家のインテリアも良い!

✴︎レイのつっこみが面白くてぷぷっと笑えた

✴︎エル・ファニングの演技がとても良かった。泣きそうになるシーンでは口元がすごくぷるぷるしてた。叫ぶシーンも多かった。すごかった。

✴︎終わり方が意外とあっさりだった。もう少し続きが観たかったな
原題の3generationsのほうがしっくりきた

焦らず、少しずつ変わっていけばいいんだね。
家とか服とかなんか可愛いんだよな〜〜

男の子エルファニング◎
Haruki

Harukiの感想・評価

3.7
設定は魅力的で、3世代の女優陣の演技は素晴らしい。
それだけでもこの作品は観る価値がある。

評価はあまり高くないけど、ハートウォーミングでコンパクトな佳作だと思う。
tomomo

tomomoの感想・評価

4.0
エル・ファニング可愛い!可愛い♡

性同一性障害の子が家族にいたら、戸惑うし悩むし、受け入れてあげたいけど理解できない…認めたいけど心配…不安。ぐるぐるするのは当然かな。
途中でママの過去とかグタグタするけど、ママも人間だし失敗もするよ。
人生山あり谷あり。

ラストは皆が納得できた風で幸せそうで、めでたし。
>|