アバウト・レイ 16歳の決断の作品情報・感想・評価

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿された感想・評価

男の子になりたいエル・ファニング目線の話かと思いきや、以外にも視点はナオミ・ワッツ演じる母親の方だった。

息子に寄り添いたい、息子の意見を尊重したいと思いながらも、16年、「娘」として育ててきた側からすれば、困惑と違和感は拭えない…。

自分に置き換えたとしても、「ok,明日から息子ね!」とは快諾できない。

どれだけしっかりしていたり、革新的な考えを持っている親御さんでも、自分の子供が、性別を変えたいと言って、ひるまない人は少ないのではないか。
決断したとして、その後、その決断に、100%の自信を持てる方もまた。

ナオミ・ワッツの、例え親と言えど、年齢を重ね、それなりの人生経験を積んだと言えど、駄目なところのある感じ、
やけくそ気味になる感じ、リアルでした。
うーん
終わり方がイマイチ??

エル・ファニングは、格好良くて可愛くてとても素晴らしい!
松崎

松崎の感想・評価

2.5
お母さんが終始怒り散らしてたけど全部自分で招いたことでしょって感じで共感出来なかった。他の作品の影響もあってエルは女の子!!てイメージが強かったけどレイ役ほんとかっこよかったな。
watanisuta

watanisutaの感想・評価

3.8
エルファニングがひたすらかっこいい
mio

mioの感想・評価

3.0
マギーは母親である前に、人間だからいつでも完璧なママで居られるとは限らないなあ。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.8
体は女なのに、心は男。
これって辛いなぁ〜レイのジレンマが伝わってきます。
ただ、親だって苦しい。16歳の子供のために最良の決断をしなければならないから。それはもう、簡単には決められないよ。

それにまた、家庭環境が複雑すぎて。
父親のサインが必要になって初めて、自分を取り巻く大人達の事情を知ったら‥

家族とは。生き方とは。考えさせられました。
灰音

灰音の感想・評価

3.6
2019年5本目。
10代のトランスジェンダーと、その家族の物語。

思えばLGBT関係の映画はいくつか観てきたけど、トランスジェンダーの子が主役の作品は初めて観たかも。
見ていて心がつままれるようなシーンもあるんだけど、この作品に出てくる家族は基本的にみんな温かくて安心しました。

エル・ファニングの少年っぷりがいいねー!
どんどん男の子に見えてくるから不思議。
あとドードーおばあちゃん(スーザン・サランドン)がかっこよくて好き笑
Elle FanningのFTM役が個人的にどストライク。
あのストリートファッション、スケボー、音楽、全部洒落ててかっこよかった。
ただ祖母がレズビアン、母が訳ありシングルマザー、ストーリー進行がお母さんのドロドロ関係に頼りすぎてる感があって、もう少し3人にスポット当てて過去とか描写してもいいのかなと思った。
つまり、設定が複雑な分ストーリーはシンプルで良かったのでは。
それでも、セクシャルマイノリティの問題を悲観的に捉え過ぎず、前向きに描いていて嬉しい。

レズビアンとFTMって世間的に混同されがちな部分あるから、この映画を通して理解が得られるのではないかとも思う。

あと、当事者でない人がFTM役をやることに賛否両論起こってるらしいけど、演じる役者に制限をかける行為自体が差別だと思うし、当事者でない人が演じることで感じる気持ちや気づいたことなど世に広めて頂けたらいいんじゃないかな。

最後にもう1回。
Elle Fanning演じるRay最高や……
MIZUHO

MIZUHOの感想・評価

3.6
色々複雑すぎる家族構成
観てて、どこに焦点を当てながら見ればいいのかわかんなくなっちゃった
自分だったらこの環境で育ったらどうなるかな
>|