白河夜船の作品情報・感想・評価

白河夜船2015年製作の映画)

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:91分

3.2

あらすじ

恋人・岩永(井浦新)と不倫関係を続ける寺子(安藤サクラ)は、仕事もせず毎日家で岩永からの電話を待つだけの日々を送っている。岩永には妻がいるが、彼女は交通事故にあって以来ずっと植物人間状態にあった。岩永との関係は進展しないながらも穏やかに続いていたが、寺子にはひとつだけ彼に言えずにいることがあった。それは、最愛の親友しおり(谷村美月)が死んでしまったことだ。大学時代に一緒に住んでいたしおりとはどん…

恋人・岩永(井浦新)と不倫関係を続ける寺子(安藤サクラ)は、仕事もせず毎日家で岩永からの電話を待つだけの日々を送っている。岩永には妻がいるが、彼女は交通事故にあって以来ずっと植物人間状態にあった。岩永との関係は進展しないながらも穏やかに続いていたが、寺子にはひとつだけ彼に言えずにいることがあった。それは、最愛の親友しおり(谷村美月)が死んでしまったことだ。大学時代に一緒に住んでいたしおりとはどんなことでも話せる仲で、岩永との関係についていつも親身に相談に乗ってくれていたのも彼女だった。しおりは男たちにただ添い寝をしてあげる“添い寝屋”という奇妙な仕事をしており、まるで天職のようにその仕事に夢中になっていた。そんなしおりが自ら死を選んでしまったことに寺子はショックを受けるが、なぜか岩永に言い出せずにいた。しおりと過ごした日々を思い返しているうちに、寺子の眠りは徐々に深くなる。どんなに深い眠りのなかでも岩永からの電話だけは聞き分けられるのが自慢だったが、ついに彼からの電話にも気づかなくなったことに自分でも驚きを隠せない。まるで取り憑かれたように眠りつづける寺子にとって、いつしか夢と現実の境目すら曖昧になっていく……。

「白河夜船」に投稿された感想・評価

kanz

kanzの感想・評価

3.1
現実と夢がわからんようになる、朝方に見たからから夢見心地で観られた…安藤サクラてええ体してはるわ
ハナ

ハナの感想・評価

3.8
安藤サクラ
そた

そたの感想・評価

3.1
不自然なくらい女言葉で好きだった
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
「よしもとばなな」らしい雰囲気。個人的には一寸苦手。安藤サクラの持ち味が存分に出ている。
結構好きやねんけどな
やっぱ安藤さんが凄い
moco

mocoの感想・評価

-
原作が好き。
mana

manaの感想・評価

3.1
イマイチ掴めなかった。原作読もう。
Koto

Kotoの感想・評価

-
2018.08.01
蒲公英

蒲公英の感想・評価

4.1
細かいところまで原作に忠実な映画。
登場人物は皆、セリフを淡々と喋る。棒読みのようにも感じるが、それによって、現実に疲れ切っている二人の、抑揚を欠いた世界が自然に表現されており、現実と夢の交差も違和感なく受け入れられる。
>|