人に非ずの作品情報・感想・評価

人に非ず2014年製作の映画)

製作国:

上映時間:65分

3.8

「人に非ず」に投稿された感想・評価

あらすじを知らずに観たのでよけい楽しめたのかもしれない。
徐々に不穏感が高まっていく様子がよかった。
枝を削り尖らせる準備のシーンは『タクシー・ドライバー』を彷彿とさせる。
タイトル、テーマ、舞台に一体感があってよかった。
PFFアワード2014 審査員特別賞受賞作品

急に『タクシードライバー』風になる。
島の独特の雰囲気やルール、主人公の不穏な感じ。

監督自身がアルバイトをしていたホテルが舞台で、夜勤の宿直業務をしながら脚本を書いたとのこと。
登場人物名もホテルの従業員仲間とほぼ同じ。
主人公役の佐藤考太郎さんは大学の同級生で、半分アテ書き。
その他のキャストは、小笠原からSkypeと電話でオーディションして決め、スタッフとの打ち合わせもすべて遠隔でのやりとりで準備を行った(小笠原までは東京から船で25時間半かかるため)。