マルメラ

HEROのマルメラのレビュー・感想・評価

HERO(2015年製作の映画)
2.5

木村拓哉に北川景子。
今話題の二人が出ているので鑑賞。

映画館に行かなくて良かった。というのが正直な感想。
テレビドラマシリーズは好きでした。
一期も二期も。
まぁ一期の方が断然良かったですが。

これは、SPドラマですね。
期待してませんでしたけど、ここまでか。

とりあえず映画になると外人出すか、外国に飛び出す精神止めようか。
豪華にすれば、映画化なんですかね。
そもそも豪華か?
それなら、ちゃんと海外の有名な俳優にギャラつぎ込めや!!
多分鼻で笑われて出てくれませんけど。

外交特権をどう乗り越えるかという壁を与えたのは良かった。
けど、割とトントン拍子に話が進むので、なんか燃えない。
久利生の現場主義もそこまで活かされない。
というか、久利生公平というキャラクターには成長が無いんですね。
簡単に言うと、ジェダイなんですよ。
スーパーヒーロー。
絶対負けない。強い。正しい。
これだとテーマを成長で語れない。
ゆえに、テーマを台詞にするという愚行に走る。
「外交って相手のことを知ることから始まるんじゃないんですか?」
みたいな、まぁ言いたいことは分かりますよ。
韓国との外交のことでしょww
相手のことを知らないから、怖いんじゃない?
みたいな。
韓国論始めたらディスが止まらないので、やめておきますが、そういう次元じゃない国もあるんですよ。ということだけは言っておきます。
ただ一つ言っておくと外交って、そんな単純じゃねぇから!!

佐藤浩一の成長は描いてますよ。
でも、描写不足。

あと、ご都合主義はそこまで否定しません。なぜなら映画はご都合主義で出来てますからww
普通は、ご都合主義を葛藤で隠しているんですけど、この映画は葛藤が薄いだけなんです!だからご都合主義が目立つんです!
知り合いでした。録画してました。
録画はまだしも、知り合いでしたってww
まぁいいか。法を破らせるわけにはいかなかったのは理解できますし。

テレビドラマのファンとしては城西支部の面々が出てくるだけで、ある程度満足してしまう。

しかし、これを映画と言われましてもというねww