映画ミル

劇場版 MOZUの映画ミルのレビュー・感想・評価

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)
2.5
映画なので予算をかけてそれなりに迫力ありました。日本だと火薬の量とか規制が厳しいので海外ロケはよかった。西島秀俊はかっこよく、予告で気になったビートたけしもそれなりに存在感がありました。

でもドラマの時からずっと感じているモヤモヤしたのが結局拭いきれず消化不良。明確な答えがほしかった。

一番よかったのは狂った二人の演技。ドラマに増して変人の長谷川博己と初登場の松坂桃李。二人の高笑いのシーンは最高でした。