ドジガヅくん

劇場版 MOZUのドジガヅくんのレビュー・感想・評価

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)
4.5
ドラマ放送時からどハマりして大好きなMOZU。
MOZUはここ数年の生温いドラマに喝を入れたような目を覚まさせてくれる「とんでもない」ことばかりしているドラマ。
それの劇場版、ハズレなし。

まず、「ドラマを観ていない人でも楽しめます」と西島さんをはじめ出演者が宣伝していますが、ぶっちゃけ観ていないと意味がない。単品でも面白いかもしれないがドラマから続いている「真実」の面白さには辿り着けない。


映画の脚本は正直内容としてはドラマ版に比べ弱い。
ダルマの正体を素性は別としてビジュアルがビートたけしで公表してしまってるため驚きはもちろん皆無であるし、終着駅としてはふわっとした印象で爽快感はない。
だけどラストのそれぞれのその後は何か救われたような、微笑ましい気持ちになる。


私の高評価のわけは今作の「とんでもない」アクションと「とんでもない」演技力に置かれている。
まずはダークホース松坂桃李。
いままで「何やっても同じ演技」のくくりにいた彼が見せた狂気。
最高でした。
私は狂った演技が上手い人(藤原竜也など)を大好きになる傾向があるのだが、彼はランクインした。
同じくくりだと寄生獣で東出もランクインしかけたのだが松坂桃李はそう言った意味では次元が違った。
こんな狂った演技できるのかよ!っという興奮で株がバク上がりしました。
今後も狂った演技期待してます。

そして今作の狂ってる演技と言えば、長谷川博己である。
狂ってる演技が好きな理由には演技力が凄いというのが大前提。
そのタイプは舞台役者に多い。
彼はドラマ版序盤では色気のある黒幕というオーラ全開だったが徐々に狂気を見せ始め、劇場版でついに覚醒。
演出もイイんだわこれまた。
そして準主役である彼は最高に熱い部分も見させてくれる。

ただそんな狂った2人を抑えて最高だった男は、池松壮亮である。
ドラマ版(特にパート1)では狂ったというか圧倒的な演技力で物語を盛り上げてきた池松くん。
ドラマ版ではダークヒーローだった池松くんが登場の仕方からしてヒーローになった。
その登場の仕方が最高で、大好きすきだ。
劇場版で出番あるのかな、と心配していた気持ちを解消してくれた。
時間にしたら確かに短い、だが衝撃度は彼が全部持っていった。
正直クライマックスはあそこだった気がします。
いちいちカッコいい。
登場した瞬間思わずマジかよ!と叫びそうになった。
そして最後にはマジか嘘だろ…と熱すぎて昇天していた。

ベタな演出も極めれば最強になるというのを証明してくれているのがMOZU。
その集大成が劇場版。
ベタはベタ、過剰な演出も多々あるがそんなことより「カッコいい」からそれでいい。

とことん傷つき血まみれが似合う西島さんもカッコいい、でもそんな西島さんが霞むほど長谷川博己のキャラと池松壮亮のカッコよさが最高になりすぎている。

伊勢谷友介もお気に入り。
とことんカッコいい男たちの映画をぜひ。
池松くんのシーンだけでご飯軽く4杯イケる。