ノラネコの呑んで観るシネマ

劇場版 MOZUのノラネコの呑んで観るシネマのレビュー・感想・評価

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)
4.1
面白かった。
ドラマは頭の方しか観ていないので、こいつ誰?とか、この人とこの人の関係は?とか、色々分からんのだけど、とりあえず画面でズーッと派手で面白い事が、複数のプロットラインで起こり続けてくれるので、あんま細かい事考えてる暇が無かった。
とりあえずトラウマを抱えた西島警部が巨悪を追ってて、真木よう子と香川照之が仲間で、たけしがラスボス、伊勢谷友介が中ボス、松坂桃李が小ボス、長谷川博己が「進撃」に続いてトリックスターなのは分かったので、ディテールは不明のままでも十分かとw
ここで誰か助けて!と言うシチュエーションではちゃんとカッコいいお兄さんが現れて悪をやっつけてくれる。
あのお兄さんが誰かも分からんけど、プログラムピクチュアとしてまこと正しい。
ハッタリが効いた画作りも良いと思う。
しかし役者は悪役やると実に楽しそうで、皆さんイキイキしてるなw