つね

劇場版 MOZUのつねのレビュー・感想・評価

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)
4.0
私的に4.0だった。

個人的にはもう4.5くらい行っていたかもしれない。

Season1・2、スピンオフ1・2、
MOZU示録、ワールドプレミアまで追っかけた結果、2度観ることになり、高揚し過ぎてずっとレビューが書けなかった。

中にはもっと観ている方も沢山いるはず。

ドラマ版から必要以上にまとわりつく「ダルマ」の正体が映画で明らかにはなるが、終わって全部分かったという訳にはとことんならなかった。
……が、キャストは素晴らしかった。悪役を演じる松坂桃李の豹変や、長谷川博己のチャオ東、言葉では伝えきれないほどファンにはたまらなかったはず。
ただそれを目立たせているのは香川照之や、真木よう子だったのではないか。

理解し難いMOZU。
幾度も狂気に満ちるMOZU。

スタッフ、キャスト、観客までもがこの”狂気”とやらに動かされてしまった、だからこそ、ここまでのスケールでカッコいい映画を観ることができて本当に良かった。

最高でした。