kwsk

劇場版 MOZUのkwskのレビュー・感想・評価

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)
3.6
個人的にmozuの好きな所はドラマから一貫して国の隠蔽やらの闇の部分を伏線にしていき次から次へと謎が生まれては深まっていく。そんなところが好きで国家の陰謀ものに弱い自分にはストライクゾーンだった。
そして今作も重苦しい雰囲気の中伏線が張られていきどのシーンにも無駄が無かったし、またみんな大好きチャオ東も相変わらずで新キャラの高柳、権藤らもキャラが立ってて良かった。

mozuを見るにおいて登場人物のアンデットボディ感にケチをつけるのはナンセンスなので違う部分について少々。
ドラマシリーズから最大の闇の部分として扱われてきたダルマの正体が自分の考えてたスケールがでかすぎたせいか物足りなかった。あとはドラマからというのもあり伏線が多すぎたせいか回収されてないようなところも多々あったのでモヤモヤが残ってしまった。

それらを除けば新谷らのアクション、たけしのラスボス感、ストーリーの運び方など、ドラマから好きな人は楽しめるんじゃないかなと。