kaz

エイプリルフールズのkazのレビュー・感想・評価

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)
2.0
本作を一言で表現するなら、

「騒がしい」だろう。

騒がしいだけ、とも言える。

信頼しているフォロワーさん達の酷評を目にしていたため、覚悟の上で鑑賞。

結果、騒がしいだけだった。

確かに酷い。マジっすか?と言いたい。

取って付けたような音楽(感動せよと言わんばかり)。
過剰過ぎる演技(演者が悪いのではなく演出が良くないのではなかろうか)。
繋がっている様に見せつけるエピソード(後出しじゃんけんとの指摘は正に)。

何より、これを「笑って泣ける」と宣伝している大人達が恐ろしい。本気でそうは思っていないと、お金の為にやっているんだと信じたい。

映画製作や配給に関わっている人達は映画、本、音楽等の文化に精通したプロだと私は信じている。また、そうあるべきだと思う。

それらの人達が本作を観て、本当に「これは笑って泣ける!」と信じているのか。本気でそう思っているなら、その人達は映画製作や配給に関わるべきではないと思う。

ノリが良くて、楽しげで、難しい内容ではなく、伏線張ってる感はあり、若者が喜びそうな作品を目指して製作されたのであれば、目的は果たされている。

今後、この手の作品が面白いと評価され続けるようなら、マジっすか?を通り越して不安になる。

本当、これ観て笑って泣けます?

星を1つにしないのは、新作で借りたからではない。貧乏根性などでは無い。

本作の言葉を借りるなら、決して嘘などついていない。