ナガセ

エイプリルフールズのナガセのレビュー・感想・評価

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)
3.7
2019.1.3

明けましておめでとうございます。
レビュー回数が滞りがちではありますが、本年もよろしくお願いします。

さて、新年の初めにセレクト。「エイプリルフール」は4月1日じゃないか!と言う方もいらっしゃるでしょうが、特に理由はないのでお許しを。
ですが、なんとも清々しく一年を歩みだせそうな作品であった事は間違いありません。

嘘は、人間の弱い部分から生まれてくるような事を考えた事はありますか?

主要登場人物たちは皆、嘘をつくことで自分を保って、生きている人たち。そんな彼らが、嘘を曝け出しながら本当の大切な何かに気付いていく物語。

嘘をつく時って大抵、現実から逃げたい時ではないでしょうか。それは皆んなが経験している事だと思います。だからこそ、皆んな誰かの「嘘」に対しても寄り添えるはずで、冷たくせずに寄り添ってあげましょうよ!と訴えている作品のように感じました。

という事で、今年一年はどんな人・事・物に対しても寄り添って考えてみたいと思います。現実を知ることでもっと自分の世界を広げてみたいなと思います。

このレビューも「嘘」かもしれないので、自分の目で観て、本当にそんな事を考えさせられる作品かどうか確認してみてはどうでしょうか。