nori007

ビリギャルのnori007のレビュー・感想・評価

ビリギャル(2015年製作の映画)
4.0
世の中には、家庭環境やワルの友達がいるなど様々な原因ゆえにドロップアウトしてしまう人たちが世の中には多くいるわけで、彼らは出来ないんじゃなく最初っから「自分はダメな人間なんだ」といった烙印を周囲の人に押されてしまっているにすぎない。
だから最初っからがんばろうとしないわけだ。
要は、彼らに人生で一度でも本気でがんばる経験をさせるように導いてあげればいいわけだ。

この映画に出てくる塾の先生が、そういった存在で生徒と同じ目線で語りお互い共感しあって、その人にあった勉強方法でやる気を引き出してくれる。
まあ言葉で書けば簡単だけど、それを映像で見せてくれる。

これは極論を言ってしまうと慶応に受かろうが落ちようが関係ない。要は本気でがんばる体験をさせるのが一番の目的だと思うんだよね。なので「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の原作タイトルを変えたのはとてもいいと思うし、なおかつダメだった人間描写も描いているところもいい。
だって人間って、本気の全力で戦ったあとは結果がどうあれ清々しいもんだからね。
なので自分の内面の意識革命をしたい時に見ることをおすすめします。