ぽぴぽぴ

ビリギャルのぽぴぽぴのレビュー・感想・評価

ビリギャル(2015年製作の映画)
4.0
終始号泣でした(;_;)

学年ビリが偏差値40あげてが現役慶応合格!
ということで本が大ブーム!
それと同時にネットではさやかちゃんは''頭の良い”私立学校でビリだっただけでポテンシャルはあった。と騒がれていました。

でも、ほんとにポテンシャルがあったから受かったんだよ〜で済ませていい問題じゃないと思いました。

きっと私たちが想像できないくらい勉強して努力して。
遊び盛りなのに我慢して寝る間も惜しんで。
私たちが想像できないくらい周りから学年最下位なのに無理だとかバカにされてきたと思います。

小坪先生やあーちゃんのさやかちゃんへの信頼はとてもあったかく素晴らしいものでしたが、それだけさやかちゃんにも大きなプレッシャーがかかっていたと思う。

すべてを抱えて臨んだ慶応受験。
ただでさえ、受験は辛いものなのに...と思うと映画の時間がたつにつれどんどん重みが伝わりました。

まさかの慶応合格を果たしますが、きっと合格できなかったとしても、さやかちゃんは沢山の人に頑張ることの大切さや可能性を信じることなどポジティブな影響を与えてくれたと思います。
頑張ることってめっちゃ素敵やん!とほんとに思いました。
受験前の高校生に是非みてほしい!

さやかのパパもみていて最初イライラしますが、不器用さがいい。
ほんとは誰よりもみんなの幸せを祈ってるんですね。きっと。

最後のエンディングのサンボマスターの曲が私の心を鷲掴みにされました。。。