ビリギャルの作品情報・感想・評価

ビリギャル2015年製作の映画)

上映日:2015年05月01日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直…

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、ふたりは慶應大学への受験合格を約束することに! しかし当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても、聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、「太った女の子だからこんな名前付けられたんでしょ?」と言う始末で、高校2年生にして小学4年生の学力しかなかった。そんなさやかの教室大爆笑の珍解答の連続にも、「君の発想は天才級だね」と褒める坪田。「日本地図くらい描けるよね?」「無理っしょ普通」「東西南北わからない!?」「そういうの私、ホント無理だわ~。私の友達絶対知らないから」一体どうやって生きてきたのか理解できない知識の欠如。しかし坪田だけは、この愛すべきアホぶりの中に、すごい可能性が秘められていると踏んだのだった―。 「さやかが慶應とかチョーウケる!」と、はじめはノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやか。当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たるが、やがて自分の為に必死になる坪田の姿を見て、ガッカリさせない為に、そして愛情を注ぎ応援してくれる母・ああちゃんの為に、さやかファンの不良少年レイジの励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていった。 果たして、偏差値30のギャル・さやかは偏差値70!の慶應大学にいかにして現役合格を果たせたのか!?

「ビリギャル」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

実話を元にした話だから(少しはオリジナル入っている?)か、多少脚色はあるだろうが、とても見やすかった。変に恋愛要素が無かったから、ただただ主人公が夢に向かって挑戦して、挫折して、また立ち上がる。そこに向けて集中して観ることが出来てとても良かった。
大学受験はもう5年も前になるけど、あのときの緊張感や、不安感、そして合格したときの高揚感など色々な感情を思い出したし、受験生の頃見ても多分楽しめたと思う。
有村架純のギャル感は最初合わないなって思ったけど、終盤になったらそんなことも思わなくなってたし、流石だなって思った。
NADY

NADYの感想・評価

3.5
面白い。大学受験を思い出した。頑張ってよかった。共感。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

4.2
挫折して泣いてるシーンで一緒に泣いた。こんな努力一度はしてみたいと思った。
予想外に感動した。動機付けの大切さと難しさを考えさせられる。人の感情を動かすためには、自分にカリスマ性がなければ、理由が必要。自分の子供に気が利いたことが言えるだろうか。いやっ、無理。
◎元気でる
i

iの感想・評価

3.8
何回見ても努力する姿にうるっとくる。
たまにくる勉強しんどい期に見たくなる。
Kodai

Kodaiの感想・評価

3.7
とても有名なノンフィクションの映画化。

・人の可能性に期待し、信じ続けること
・意志を言葉にし続けること
・意志を持って努力し続けることで道は開けること
・何かを成し遂げるには犠牲が伴うこと

偏差値云々や受験はあくまで結果論なので何とも思わないけれど、演出や構成がシンプルだからこそ、こういったメッセージがスッと腹に落ちてくる作品だった。
>|