けむり

ドラゴン危機一発'97のけむりのレビュー・感想・評価

ドラゴン危機一発'97(1997年製作の映画)
2.5
ドニキが伝説の男と化すまでの歴史を回想する形でストーリーが展開する。まさにカンフーマンとしての完成形を記録するかのような、そういう映像作品。

速過ぎて見えない剣技から始まり、大人数を相手にした秒単位のアクションシーン。イェンフーの基礎がここに集約されていると思う。ひとまずこれを観ておけば技ひとつひとつがこれらの応用なんだなということが分かる。
限界オタク的にはありがてえラブシーンからずっと布面積が減り続けていく展開で大変よろしかったです。