リッキー

フォーカスのリッキーのレビュー・感想・評価

フォーカス(2015年製作の映画)
3.5
929本目。190115
タイトルから「新聞社の黒人記者が奮闘する社会風刺の映画」のようなメディア系を題材にしたものを勝手にイメージしましたが,それとは全く異なる集団詐欺師のラヴ・ロマンス作品でした。

内容は詐欺師集団のリーダーのニッキー(ウィル・スミス)が未熟な女詐欺師ジェス(マーゴット・ロビー)と師弟関係にありながら恋愛関係にまで発展する物語です。
この詐欺師たちの連携プレーが実に鮮やかで,犯罪行為をしているのですが清々しく爽快な気持ちにさせてくれます。

ニッキーは彼女に様々な詐欺を実体験させ鍛えていきますが,いつのまにか彼女に心を奪われてしまいます。何が真実なのかわからなくなるほど詐欺師の心理的なテクニックが披露されていたことから,鑑賞後は「実はこの恋愛感情もフェイクなのではないか」と一抹の不安を感じてしまいました。

ニッキーの詐欺師としての大きな見せ場は中盤とラストにありますが,個人的には中盤の中国系大富豪との緊張感ある賭けのシーンに高揚してしまいました。全体的に二人がいちゃついているシーンに多くの時間に割かれていたために,もっとプロの詐欺師としてのエピソードがあればよかったかなと感じました。

鑑賞中に自分でもトリックを推理しましたがことごとくはずしてしまい,もしプロの詐欺集団に狙われたら、私など身ぐるみはがされてしまうのではないかと恐怖すら感じてしまいました。