イペー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのイペーのレビュー・感想・評価

4.0
シャーロット・ランプリングとチンパンジーが不倫する映画を眺めながら夜更け、天啓を授かる。

「貴方は一刻も早く、アベンジャーズの新しいヤツを観なくてはならない。
ついでに夜中にスナック菓子を食べる癖を直さなければならない…」

そうして私は気もそぞろ。
目の前の映画に集中できず、視聴を中断して床に就くのでありました。

公開以来、未曾有の危機に直面する宇宙のことが気になって気になって、ナンも手につかない。
会う人会う人に「インフィニティウォー観たぁ?」と訊いては素っ気ない対応をされる始末。

"インフィニティおじさん"として街の名物化する前に、万事繰り合わせて劇場へと足を運んだのでございます。

さて、内容に触れるまい…と、しょうもない前置きを書き連ねましたけども、結論から申し上げて、チョー面白かったの一言。

登場キャラクターはおそらくシリーズ最多。ここに至って10年分の貯蓄が効いていて、それぞれが足を引っ張りあわず、かつ見せ場もたっぷり。

イイもんとワルいもん、攻めと守り。
単純な構図と丁寧な構成で、自分のようなニワカ野郎でも大いに楽しめました。

往年のジャンプ漫画、特に『ドラゴンボール』のフリーザ編を思い出すなぁ。
サノスの部下、ブラックオーダーのギニュー特戦隊っぽさとかね。
"エボニーマウ"がお気に入り。

『ラグナロク』を観て以来、個人的に雷神様への好感度も急上昇中。
やっぱり短髪の方が似合うよ、クリヘムは。

いやぁ、やっぱり語りたくなっちゃうね!

予習復習が面倒くさい!…って方も、それを理由にご覧にならないのは勿体ない‼︎
いっそ、こっから先に観ちゃっても良いんじゃないかしら。うん、いいよいいよもう。

…これでようやく普段通りの生活が…と思えば、会う人会う人に「インフィニティウォー観たぁ?」が止まりません結局。