AshLynx

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのAshLynxのレビュー・感想・評価

4.5
【MARVEL史上最高傑作】

とてつもないモノを見てしまった。鳥肌が立ちすぎて鳥になるかと思った。今までありとあらゆる映像作品(映画・ドラマ・Youtube・テレビ番組)を何千時間と見てきたが、これほど画面に神経を集中させたことは無い。
これは一つの到達点だ。今作によってMCUは人類数千年の文化史の中で、語ることを避けられない永劫の楔を打った。文化とは何か、遺産とは何か、生きる意味とは、生命の本質とは………。

……今までのアベンジャーズとは演出・構成がかなり変わっている。感覚的には『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー2』に近い。ワンフェーズの締めであるアベンジャーズは、後半につれ徐々に盛り上がっていく傾向にあったが、今作は一言目(本当に一言目)から大作のクライマックスレベル。

「徐々にフラストレーションが溜まっていき、終盤で一気にカタルシスをビンビンに感じてジ・エンド。」

このような(超弩級アクションで緊迫感を極限まで高める)大作系ヒーロー映画の評価を左右する核とも言える部分が、序盤からエンドロール後のワンカットまでほぼ休むこともなく続く。この拷問とも取れる圧力は、まるで''クライマックスの暴風''のようで気圧されてグロッキーになってしまうほど。この恐怖体験をDVDでしていたら、間違いなく停止ボタンを何十回も押してしまっていただろう。

100分以上''クライマックスの暴風''を浴びせられラストはどうするつもりだと思っていたら、まさかのトンデモで絶句。空いた口が塞がらず、『ゲットアウト』の主人公のように椅子をガリガリ。そして長~いエンドロールのあとのワンカットに激震。次回作が気になりすぎて頭がグルングルンで混乱したゾンビ状態で劇場を出ました。


P.S.
⚫実は鑑賞2度目で1度目は脳内に「ヤバい」しか浮かばず、レビューどころではないので少し泳がせて(熟成して)いました。
⚫エンドロール後にもシーンがあると映画内で前置きしているにも関わらず、途中でゾロゾロと劇場を後にする人多数…。ちゃんと観ようぜ…。
⚫アントマンが出演していなかったのが残念。アントマンを投入すると映像が派手になりすぎて、わけわかめ状態になることを恐れたのだろうか?
⚫『マイティソー・バトルロイヤル』の直後(数十分~数時間後?)から始まってるな。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』ともストーリー的繋がりが多いし、最低限この2作は観ておかないとアカン。
⚫悪役のサノスは結構人間味がある。DC最高傑作の『〇〇(コメ欄)』の〇〇〇(コメ欄)みたいだ。まあアイツは悪役ではないんだけど。今作だけ見ればサノスの理念は間違っていないように思うかもしれないが、原作ではより悪らしく描かれているらしい。アベンジャーズ4でその辺りも明かされると思う。
⚫アベンジャーズ4でキーパーソンになりそうなキャラの伏線が2つあった。一つはエンドロール後のあれ。もう一つはあの金ピカ星人、略して金人(R18)の女王的なのが生み出そうとしたアレ。
⚫アイアンマンがなんか『ターミネーター2』の液体金属だか『トラスフォーマー ロストエイジ』での敵側のオートボットみたいになってる。鉄っぽさがなくなって、ギュルギュルに…。そっちの方が強いんだろうけど、カッコよさが失われてしまった。
⚫MCUでトップレベルに強いのはソーとドクターストレンジ。次点でアイアンマンかな。2人ならDCの2大絶対無敵マンであるスーパーマンとDr.マンハッタンに勝てるかもしれん。ていうかDCって強いキャラと弱いキャラの差が激し過ぎる気がする。でもサノスすら瞬殺するアメコミ史上絶対最強無敵キャラ''ゴーストライダー''には誰も勝てない。