法一

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの法一のネタバレレビュー・内容・結末

3.3

このレビューはネタバレを含みます

 いわゆる「シリーズ物」史上最もスケールの大きいカタストロフが描かれるのでクラクラするのだが(いかんせん残念なのはタイム・ジェムの力が破壊した物質を元に戻す力があると最後に明かしてしまっている点で、要するにこういう力があるなら世界を元にも戻せるんでしょと思ってしまう)、アクションシーンのひとつひとつはあまり印象に残らない出来。特にサノス側陣営のどうでもよさが半端ない。あのバケモノにしても、『グレートウォール』のほうがよく出来てたよと言いたくなる。

 キャラクターとして一番面白い、というか唯一掘り下げられているキャラがサノスで、わかるけどわからないような動機だった原作から改変され、複雑な内面のキャラになっている。しかし、その「狂った」理念を裏打ちするもの――過去の経験であったり、『ウォッチメン』のオジマンディアスのような超越者的思想であったり――がぞんぶんに描かれているとは思えない。なんでただのムキムキのおっさんがそんな使命に目覚めなきゃならんのか、そこを描いてこその終盤だろうと思うのだが。
 ただ、いい年したやつらがよってかかってサノスの手袋を外そうとするシーンのアホらしさとその帰結の下らなさは特筆しておきたい。