ベイビー

アベンジャーズ インフィニティ・ウォーのベイビーのレビュー・感想・評価

4.6
マジ何なんだ、圧倒的に面白い!
今までの映画とは少し次元が違う。

全宇宙を脅かす最悪にして最強の男その名はサノス。たとえインフィニティ・ストーンを集められたとしても、おまえは絶対に"神"になんてなれない! の巻。

もう完全に舐めていました。
今までMARVEL作品を見て予習をしてきましたが、ゴールは6月に終わってしまう「MARVEL展」を見に行くためで「インフィニティ・ウォー」はその通過点にしか思っていませんでした。

だって、今までMARVEL作品を見てきて、敵の種類も違えば、テイストも違う。今までの「アベンジャーズ1.2」での実績はあったにせよ、そこがボーダーラインだと思うんです。他に期待する事と言えば、せいぜい「笑っていいとも!」の最終回みたいに、今まで一つの画面で見ることのできなかった夢の共演に感動するくらいで、それはそれで話がキャラの洪水になって、まとまり切らないのかなぁって心配してたんです。

そんな自分がバカでした。
冒頭から、ただただ圧倒ただ圧倒。息を呑む連続。作品としてもの凄く面白い。

最初なんか「七人の侍」だなって思っていたんです。野武士を倒す為に、一人一人お侍さんが集まってみたいな。サノスを倒す為にヒーローが集結していくみたいな。
いや、なんのなんの、これは唯一無二の映画でした。今までのMCUが全部伏線と思えるほど、圧倒的な存在感として、この作品が君臨するのです。

恐るべしサノス。どうしたんだアベンジャーズ!
あー、放って置いたらペチャクチャ喋りそうなので、このへんにしておきます。やっぱ言いたい。でも辞めとこ。

観るか観ないか迷っている方は是非映画館で。3Dで観れる方は是非3D映画館で。IMAXで観れる方は是非IMAX 3Dでご覧頂くことをお勧めします。もちろん、4D可能の方は4Dで! 後々「あー映画館で観ておけばよかったー」ってならないよう、ご注意下さいね。