risa

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのrisaのレビュー・感想・評価

4.0
愛と絶望の物語。。

情報は全くないまま観てみたら
完全に火傷状態というか瀕死状態。

キャラクターや舞台も様々で
置かれてる状況とか感情とか
把握しきれないほどの情報量を
消化していくのに手一杯。。

今までとは違う複雑な問題や
桁違いの規模の戦いに戸惑いつつ
中盤からいつものアベンジャーズの
流れに乗っていけたんだけど、、
なによ、なんなのよ、えーー。って笑
終わったあとはため息しかでてこない

どよーんとしてて、
空しい空気感に包まれて
ただただ救われない、報われない
取り残された感がすごい。

でもシリーズだからこそ、
アベンジャーズだからこそ、
感じることのできる感情があって。
これは回数重ねるごとに思うけど
アベンジャーズってヒーローものなのに
観ていて不思議とすごく身近なことの
ように感情をもっていかれるんだよね。
(絶望とか虚しさとか苛立ちとか
もちろん愛とか希望とか笑いもね)

だから今回も映画(しかもSF)なのに
日常では感じることのないような
壮大な絶望をリアルに感じたし、
なにより大切なものを失った喪失感が
エンドロールのあともひしひしと。。

これはどうやって消化していけば
良いのでしょうかね。
次回作にまた期待をしてしまうなー