がんびーの

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのがんびーののレビュー・感想・評価

4.3
「今日は沢山のものを失う日だ」byサノス

もう一回エンドゲームを観に行こう。

もしこれを観てエンドゲームを観ていたら、冒頭の30分で号泣。

今までのMCU作品は、最恐の敵が出てきたときも、スーパーパワーのおかげで何だかんだ勝ってきた。それが当たり前になってたのかな。

こんだけ力を合わせて戦っても、あっけなく潰される様は見るに耐えなかった。

今作の主人公はサノスですね。彼のロードムービー感。彼には彼なりの正義があってそれを全うしてるんだろうな。

人類を守るために、最強ヒーローたちが集結した究極のチーム、アベンジャーズ。今回の敵は絶大なるパワーで銀河に破滅と恐怖をもたらそうとするサノス。宇宙に散らばる究極の力を持つ石、インフィニティ・ストーンを集め宇宙を支配しようとする。

6つのストーン全てを手にした者は無限大の力が与えられることとなる。サノスを倒すために、アベンジャーズに加え、銀河一の落ちこぼれチーム”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”、魔術を操るドクター・ストレンジ、そしてワカンダの王ブラックパンサーが集結。アベンジャーズの究極の戦いが始まる。

2008年の『アイアンマン』公開以来、18本のヒーロー映画を展開してきたマーベルの記念すべき10周年目の作品。