アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2018年製作の映画)

Avengers: Infinity War

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

4.3

あらすじ

6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙う“最凶”にして最悪の敵<ラスボス>サノスを倒すため、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。果たして、彼らは人類を救えるのか?今、アベンジャーズ全滅へのカウントダウンが始まる!

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

★ネタバレあり★
【未鑑賞の方は絶対に読まないで下さい】

まさかここまでの大敗を喫するとは…。
BTTF2や帝国の逆襲の様な、物語の繋ぎ方として最高で最悪。

6つのインフィニティ・ストーンがサノスの手元に揃う時、その指を一度鳴らすだけで全宇宙の命の半分が消滅する。

この、半分ってのがミソなんです。
全滅じゃない、半分。

地球単体でも全宇宙で見ても、人口が増えれば食糧難による飢えと争いが起きる。サノスはその人口を半分にし、宇宙の均衡を保とうとしている。

彼がバランスや均衡を保つ事を是とする描写がある事で、彼の信念は方法こそ悪に見えても、本当の悪ではないと言える。彼こそが選ばれし全宇宙のバランサーなのだ。

これはサノスの物語。

互いに正しいと思う信念と信念とが衝突する、正に戦争。

10年の間、18作の映画で物語を紡ぎ、共に戦って来た者として涙なくして観る事は出来ない。序盤からクライマックス。一度としてその緊張は緩む事なく、常に高いテンションを保ちながら迎えるラストー。

どうしよう、どうしよう…。
消えてしまう…。
共に戦った仲間が消えてしまう…。
涙が止まらない。

想像以上の最高傑作。

これだけ多くのヒーロー達を数名ずつ絶妙にマッチングさせ、様々な惑星に配置させながら、観客を全く混乱させず、スピーディーに、スリリングに、かつコミカルに(この要素が抜群に巧い)戦わせる。この難業を成し遂げたルッソ兄弟に最大の賛辞を送りたい。

壮大な宇宙大戦争でありながら、キャラクター同士の愛や絆を何せ時間がないので最小限の描写で最大限に描き切るストーリーテリングが素晴らしい。

ソーとロキ
トニーとピーター
ワンダとヴィジョン
ガモーラとネビュラ
クイルとガモーラ
スティーブとバッキー

それ以外、初顔合わせのメンバーの組み合わせ方も交わす言葉もいちいち一つ一つが面白い。

最高に楽しめるし、めちゃくちゃ泣けるし、サノスは魅力的だし、サノスの部下までキャラが立ってるし、喪失感と絶望感は半端ないし、この混濁した感情をぐっと握り締めながら、あと1年どうしよう…。

取り敢えず生き残ったメンバーに加え、ホークアイ、アントマン、ワスプ…そして例の彼女を迎えた新アベンジャーズで次の戦いに備えなくては。

サノスは帰って来るのだから。






*ちなみに僕の推しメンはホークアイです。出番なかった…。
りあ

りあの感想・評価

3.3
続きあるから次も見たい~。
ちゃんと1から見たらきっと
面白いんだろうなあ…
次作とトータルで評価したい。
話の佳境に入ったとこで終了した...
スパイダーマンがめちゃめちゃめちゃめちゃ可愛かった。
ぱむ

ぱむの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

回数を重ねていくうちにやっと感想が固まってきたので

初めて観て1番印象深く、何度観てもやっぱり好きなのがアイアンマンに盾を使わせているところ
キャラクターとしてはスティーブを愛してやまないのだけれど、CWで崩壊した末、連絡もとっていないのにも関わらずトニーはスティーブのことを毎日考え、受け入れようと努力したのではないかと思い胸が熱くなる もちろん彼にペッパーとか赤ちゃんとか、守るべき存在ができたことも示唆しているのかもしれないけど
盾=キャプテンのアイテムをトニーに使わせるところ、決裂してもなお彼らは良い友人であり、影響し合い、捨てきれない関係であり、エゴばかりなトニーでも彼を(あるいは彼らを)許そう、受け入れようとしているように見える
スティーブが好きすぎる故に、盾を使ったトニーに本当に偉かった……と褒めたい

あとはサノス MCUで最も印象深いヴィランかもしれない
確かに悪いやつではあるけれど、彼の描き方を観ていると一概に悪いやつには見えなくて、彼は人の為になることをしている(と考えている)し、本当にガモーラを愛している
ただ自分が行なっていることに何の疑い不安もなく犠牲を払っていくところが狂っていて、そこが最高 命の大小、犠牲についてそれぞれ問われている中、仕方なく代償を払ったり、払えなかったり…そういうところを含めて、わかってはいるけど一概には決められないことをテーマにしてキャラクターを描いているところがすごく面白い…もちろんサノスも然り

あとワンダ ヴィジョンとのカップルが最高に可愛い
ヴィジョンが襲われるたびに魔法で彼を自分の元に引き戻そうとするところが最高の最高に魔女で、私の男って感じがして好き
スコットランドでプロキシマと闘う前に柱からちらちらするところも魔女感があって好き…
最後消えるところの表情が恐ろしいぐらい美しくて見惚れてしまう ヴィジョンが色褪せる瞬間といい、この2人は美しさしかない

スティーブは終始かっこよかった
登場シーンは神がかっていたし(もしかして神かも)戦闘で髪が乱れるところもかっこよかった 全部全部かっこよかった
衣装が七分袖でやや腕が見えるところ大変良い
ワンダ達を助けて基地に戻る途中のスティーブ、下からの光で照らされてるところ、人形かと思うくらい綺麗 造形が神がかってる 表情も美しい 見惚れすぎて何も考えられなくなるぐらい美しい…
観れば観るほどバッキーが消えたあとを触れるスティーブがつらすぎる
頼むからもう幸せになってください…

こんなにオールスター出ているのにここまで丁寧に描いて、メチャクチャ面白くて、音楽も最高で、予想外な展開を見せてくれて感謝 ルッソありがとう

あと、サノスはステイツマンは半分にしたのにドワーフは半分にしなかったんだね…
ルッソ兄弟……やってくれやがったな!!!???!
シビルウォー後ですらちょっとしたお葬式気分だったのに、あと1年どうやって過ごせばいいんだよ!!!!!!!!

「こういうシーンが見たかった!!!」と「でも見たくなかった!!!」が自分の中で分裂して二重人格になりそうです。

前半は「サノス結構殴られてるし、人間臭い所あるし、ぶっちゃけ大したことなくない?」と思ってました。

しかしそれは間違いだった。

核兵器のボタンを押すのは、何も強い人間じゃなくていいんですよ。
強い意志と、歪んだ倫理観さえあれば。

これは凄く現代的なラスボスの描写だと思った。


エンドロールに入った瞬間のあの完全な「お葬式」の空気を、忘れる事はないだろうと思う。

アメコミ映画かつディズニー配給でありながら、ここまで完全なバッドエンドを描いてくれた点も評価したい。
PIKAKO

PIKAKOの感想・評価

3.5
次回作を観たいがすぎる
にこる

にこるの感想・評価

4.5
マーベルシリーズの中で、見終わった後にこんなに悲しい気持ちになったのは初めて…(;ω;)
なんとも言えない喪失感に襲われた…
(;ω;)
↑これはいい意味でw

マーベルシリーズの集大成と言える作品だと思う。
これまでの伏線が全てここで繋がっていく…も一度全てを観直したくなった!
マーベルシリーズの奥深さを実感しそれに感動した(;ω;)

泣けるし、笑えるし、やっぱりマーベル最高!
かか

かかの感想・評価

4.5
初っぱな、これはどこからの続き?とわからず。でサノスいるし。ガーディアンギャラクシーを観ていなかったら誰?状態だったはず。で、ロキ!そんなー💧
キャプテンアメリカはどうも不得手なキャラで。そんな彼もやっぱり必要なのね。ドクターストレンジとアイアンマンの組み合わせも楽しめた。で、ブラックパンサーの国での戦い、きゃあ( 〃▽〃)ソーが戻った!!やっぱり格好いい。オールキャラクターてんこ盛りでお腹一杯。しかし最強になってしまったサノスをどう攻略するのか、待ち遠しい。
aoi

aoiの感想・評価

3.8
今までのアベンジャーズとは全然違う、これからどんな顔して過去作見ればいいの?もう一回見たい
おさ

おさの感想・評価

4.0
楽しかった!かっこよかった!おもしろかった!✨✨✨
たぶん今まで見たことのあるマーベルシリーズの中で一番テンション上がりました!
スクリーンで見て大正解☺️
ダメなほうのピーター マジでダメ
>|