アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの作品情報・感想・評価・動画配信

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2018年製作の映画)

Avengers: Infinity War

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

★ネタバレあり★
【未鑑賞の方は絶対に読まないで下さい】

まさかここまでの大敗を喫するとは…。
BTTF2や帝国の逆襲の様な、物語の繋ぎ方として最高で最悪。

6つのインフィニティ・ストーンがサノスの手元に揃う時、その指を一度鳴らすだけで全宇宙の命の半分が消滅する。

この、半分ってのがミソなんです。
全滅じゃない、半分。

地球単体でも全宇宙で見ても、人口が増えれば食糧難による飢えと争いが起きる。サノスはその人口を半分にし、宇宙の均衡を保とうとしている。

彼がバランスや均衡を保つ事を是とする描写がある事で、彼の信念は方法こそ悪に見えても、本当の悪ではないと言える。彼こそが選ばれし全宇宙のバランサーなのだ。

これはサノスの物語。

互いに正しいと思う信念と信念とが衝突する、正に戦争。

10年の間、18作の映画で物語を紡ぎ、共に戦って来た者として涙なくして観る事は出来ない。序盤からクライマックス。一度としてその緊張は緩む事なく、常に高いテンションを保ちながら迎えるラストー。

どうしよう、どうしよう…。
消えてしまう…。
共に戦った仲間が消えてしまう…。
涙が止まらない。

想像以上の最高傑作。

これだけ多くのヒーロー達を数名ずつ絶妙にマッチングさせ、様々な惑星に配置させながら、観客を全く混乱させず、スピーディーに、スリリングに、かつコミカルに(この要素が抜群に巧い)戦わせる。この難業を成し遂げたルッソ兄弟に最大の賛辞を送りたい。

壮大な宇宙大戦争でありながら、キャラクター同士の愛や絆を何せ時間がないので最小限の描写で最大限に描き切るストーリーテリングが素晴らしい。

ソーとロキ
トニーとピーター
ワンダとヴィジョン
ガモーラとネビュラ
クイルとガモーラ
スティーブとバッキー

それ以外、初顔合わせのメンバーの組み合わせ方も交わす言葉もいちいち一つ一つが面白い。

最高に楽しめるし、めちゃくちゃ泣けるし、サノスは魅力的だし、サノスの部下までキャラが立ってるし、喪失感と絶望感は半端ないし、この混濁した感情をぐっと握り締めながら、あと1年どうしよう…。

取り敢えず生き残ったメンバーに加え、ホークアイ、アントマン、ワスプ…そして例の彼女を迎えた新アベンジャーズで次の戦いに備えなくては。

サノスは帰って来るのだから。






*ちなみに僕の推しメンはホークアイです。出番なかった…。
か

かの感想・評価

4.5
見終わった後の絶望感
既にディズニーデラックス3本目です、1人で最寄りの映画館に観に行ったの思い出しました笑

エンドゲームより好きなんですよね、タイタンでの戦いが1番好きです。
まさ

まさの感想・評価

4.0
マーベルシリーズの19作品目。

今作は最大の敵サノスが登場し、世界を絶望へと追い詰めるストーリー。

まじであっという間に終わった印象。
内容詰まりすぎてて全然飽きない。
マーベル観てない時に映画館で観た時は、暗いイメージで内容全然わかんなかったけど、今観るとホント絶望感がやばい笑

感動とかじゃなくて悲しくて泣ける作品。
知らないキャラクターばっかりだったけど、面白かった
ysk

yskの感想・評価

5.0
😨😱😨😱😨😱😱😨😨😭😭😭😭😭😭😭😨😱😨😱😨😨😨😨😭😱😱😱😱😱😨😱😱😨😭😱
誰だよこんなん考えたやつぅぅぅぅう
なつみ

なつみの感想・評価

5.0
アベンジャーズシリーズを全制覇中でついにインフィニティ・ウォーまできました。
かなりの傑作。
今までの色んなキャラクターが出てくるのにまとまっていて2時間半ずっとワクワクが止まりませんでした。
でもまさかの展開を受け止めきれなくて唖然としてしまった。。これ映画館で観てたら感情が大変なことになってたと思う。
10star

10starの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

これまでのキャラクターが揃いそうで揃わない映画。
エンドゲーム のことを考えると完璧な演出だと思います。
アクションが凄い!
見やすいし、ビームとか強靭な力の人とか出てきても分かりやすい。CGを最大限に活かしててそのアクションの映像も先駆的だったりする。

更には、ヒーロー達の会話がほとんどギャグになってるのも良い。キャラクター造形がしっかりしてて、それが共有されている分、会話が面白い。

約2時間半もある映画だけど、アクションの見せ場とギャグとCG映像が凄くて全然退屈しない。

ただ、アイアンマンのナノテクは流石にやり過ぎ。『アイアンマン3』のスーツの方に歩いていくと、装着出来るのとかは良かった。飛んで来るのもやり過ぎ。

そもそも、『アベンジャーズ』の時点でリアリティラインが違う者同士が一緒になって、リアリティラインごちゃごちゃになってるから、細かい事は気にするべきではないのだろう。
odorukazu

odorukazuの感想・評価

4.5
MCU19本目
ついにアベンジャーズ3作目の
イフィニティウォーを観賞。
マイティソーバトル・ロワイアルからの
続きから始まり、
ぐったりしたソーの頭を持って現れたサノス
まざまざとその強さを見せつける。
そこからどんどんヒーローたちが登場し
最初からアクセル全開の展開。
ガーディアンズのメンバーとアベンジャーズが
一緒の画面に映っているだけで胸熱。
地球、宇宙各所でそれぞれの戦いが展開され
さながらワンピースの様にシーンが変わって行く。あっという間に見終わってさらに呆然とする内容で終わる。このために今までの作品たちがあったんだと感じれる映画。

・キャップ登場シーンかっこ良すぎ!
・ソーとロケット&グルートコンビの地球降臨シーンもかっこ良すぎ!
・ソーあなたが地球に来てなかったら、地球終わってた最初に飛ばしてくれたオーディンに感謝。
・出演時間短くてもペッパーやネッドなど各作品お馴染みのキャラがでてたのもgood!

もっと早く見とけば良かったと思う反面
短期間でMCUシリーズを見ているからの楽しさもあるはず。
>|

似ている作品