アベンジャーズ インフィニティ・ウォーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー2018年製作の映画)

Avengers: Infinity War

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」に投稿された感想・評価

mikamucho

mikamuchoの感想・評価

4.6
劇場で5回(うちアイマックス3回)みた作品。初回の衝撃が忘れられない。初回鑑賞は冒頭から打ちのめされ続けて、とにかくストーリーで巻き起こるあらゆることを追うのに必死。エンドロールでようやく劇中のさまざまな出来事を思い出し号泣。2回目からは「もしかしたら…今回はなんとかなるかも…」と本気で願いながら祈るように見続けました。これはサノスの物語なのだと。サノスの信念の強さに誰も勝てないというロジックがしっかり成立しているところが本当に凄いと思います。あああああ!エンドゲーム!!!!どうなるエンドゲーム!!!
romio

romioの感想・評価

2.8
強力な力を持った6つの石インフィニティストーンを集めることを目論む最強の敵サノス。
と、それを阻止するアベンジャーズとの戦いを描いた第1幕。

まず、作品どうこうの前に言いたいのが、サノスが敵なのか?という点について。
この映画に登場した新しい敵というキャラクターという以上に、時間を割いて人物描写を行なっていたのが特徴的だった。
今回の話は次回へと続いていくが、確実に今回の主役は彼だった。

学生時代の一日の中の数時間を、満員電車の中で過ごして自分にとって、子供の頃からの「もし超能力を一つ使えたら?」の回答は、瞬間移動や、タイムトラベルなどではなく、指をパチンと鳴らしたら心身がリフレッシュするや、指をパチンと鳴らしたら全人口の半分が消滅というのをまさに考えていた。その場合、家族や友達もランダムで構わないし、なんなら3回くらいは鳴らすべきだなとずっと思っていた。こういうことを書いてるレビューは見かけなかったが、俺にとってサノスはまさにヒーローであり神であった。

敵でありながら、事態を憂慮し、冷酷に徹し行動に移す。
彼を止める理由がどこにあるのだろうか?
サノス信者は俺だけかもしれないが、それを抜きにしてもこの映画のアベンジャーズ側とサノス側との対立の構図が分かりにくかった。
愛する君を守るだと分かりやすいが、規模がでかく、愛する大多数をぼんやりと守るみたいなかんじだ。
破壊するから守るは分かりやすいが、今回敵にも考えがあり単純な破壊ではない。
前作のシビルウォーにはそれぞれのアイデンティティのぶつかり合いというのがあったが、今作ではどうにもヒーロー側の気持ちというのが疎かになっていたと思う。
前もアイアンマン、アホかという気持ちは俺にはあったけどね笑

あとヒーローが弱い。
サノスを持ち上げてる部分はあると思うが、今回サノス打倒のためにそれぞれキャラが少しパワーアップして挑むが、ソーの武器もキャプテンのナゾの装備も、アイアンマンにしても、ヒーローとしてのかっこよさがあまり見えなかった。
ビジョンは登場時、最強の身体、最強の頭、さらにはインフィニティストーンとこれはやばいやつ!という印象だったがこの数年に何が起こったのだろうか?弱体化しすぎじゃない。
また彼の側にいた女性がなぜかめちゃ強かったが、彼女の存在はすっかり忘れてしまっていた。誰なんだ??
戦闘もカット割りが死ぬほどあって見にくかった。眼疲れるわ。
まあこれは、次作までのバネということで彼らの活躍に期待したい。

良かった点は、
スパイダーマンは見ていて楽しかった。
アイアンマンとの師弟関係が可愛い。
ラストのサノス、イケメン!
途中途中もサノスはカッコいい。
キャラがめちゃくちゃ出るが違和感なくよくまとめている。すごい。
ちは

ちはの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

2019年10本目。2018年11月からマーベルにハマっているのだが、ついにこの作品を観てしまった。「アベンジャーズインフィニティウォー」。156分の映画はいつもは長いというイメージがあるのだが、この映画はむしろ短いとすら感じてしまった。それほどあっという間の156分だった。
そしてこの映画は今までのマーベル作品をしっかり観てから挑むべきだ。全てがちゃんと繋がっているからこそ今までを全て観てるとより面白く、色んなシーンに興奮できる。

今作では今まで出てきたヒーロー達が大集合する。しかしこの映画の主人公は彼らではない。この映画の主人公はヴィランのサノスであると感じた。
「Thanos will return」
サノスがなぜ宇宙の生命の半分を消滅させようとしてるのか、サノスの愛するもの、サノスの過去、サノスの志。これが今回の物語で分かるのだが、まさにサノスの映画ではないだろうか。そして彼の表情、今までのヴィランとは少し違うのがサノスであった。
(しかしやはりサノスのことは好きになれませんでした、超憎い...泣)

圧倒的な力の前でなかなか暗い感じのムードになっていたが、ガーディアンズオブギャラクシーが合流したことで少し和んだのが嬉しかった。彼らの登場シーンのポップな音楽、「あいつらがきたぁぁぁぁ」ってなったwwほんとにガーディアンズオブギャラクシー大好きだ...(泣)

そしてヒーローのチーム分けが面白かった。タイタン側のチームは意外なメンツで戦い方がすごく良かった!!てかドクターストレンジやっぱなんか能力強すぎない?影分身の術いつのまに!?www
ワカンダ王国側のチームはソーとワンダが特に強くてかっこよかった。ワンダは心が未熟で病みやすいけどやっぱり強さは最強クラス!!ワカンダの戦士も誇り高い感じがかっこよかった!!

色んなヒーローが大活躍して大興奮の映画だったけど、これでハッピーエンドとはいかなかった。

今までのマーベル作品の多くがインフィニティストーンの争奪戦であった。1つの石だけでも、もの凄く大きな力がある。それをただでさえ最強の敵であったサノスが6つ全て揃えてしまった。「ソー...お願い、なんとかして...!」と願ってもあの一回の指パッチンで全てが終わってしまった。

バッキー、ティ・チャラ、グルート、ワンダ、サム、マンティス、ドラックス、クイル、ストレンジ、ピーター、多くの仲間が塵となった。このシーンの絶望感が本当にエグかった...。
特にピーター・パーカーの最期のシーンがつらかった。残されたトニーの絶望の表情を見るのも本当につらかった。泣かずにはいられなかった。

そしていつものエンドクレジット後の映像ではヒルとニック・フューリーまでもが塵に。しかしフューリーが最後に持っていた送信中のポケベル...。
3月の「キャプテンマーベル」、4月の「アベンジャーズエンドゲーム」、どちらも待ちきれない!!!!
やばかった!全ヒーローがかっこよすぎて、サノス強すぎて!キャプテンとナターシャ達と登場シーンには震えたね!単体でも全部面白かったのに、それらが全部繋がってて最後に大集結!どんだけスケールがデカい映画なんや!子供に釣られて見始めたけど、親父が一番ハマっちまったよ!続きが楽しみすぎて鼻血が出そう!まずは、アントマン&ワスプからや!
TKY

TKYの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ドクターのシーンが多数あった!
次作があるのを知っている前提で
終わり方は良かったと思う😲
SDROCK

SDROCKの感想・評価

4.0
キャプテンアメリカでてきた時に思わず「きゃーーキャーップ❤️」て言っちゃったよ。やっぱカッコいい。
ababababa

ababababaの感想・評価

3.8
魔法とか宇宙とか裾を広げまくって、あわや崩壊しそうになるけど敵の人間味とかみんなの協力プレーとか何でもありすぎて、最後にはまとまっちゃう。そんな映画。
sgrkbys

sgrkbysの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

BGCのuptown mall cinemaにて字幕なし鑑賞。英語力のなさ、Marvelに関する予備知識のなさから色々と置いてけぼりに。特にウィットに富んだジョーク風のシーンで周りが笑ってるのに自分だけ分からなかったことが多くて凹んだ。でもワカンダでのソーの登場シーンでは会場が拍手で包まれて、いい体験ができた。
K008

K008の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

帝国の逆襲後は解凍して救出
デッドマンズチェスト後は滝から落ちて救出
ライヘンバッハの滝は死んだフリでその後救出不要でした

今回のクリフハンガーはどんな感じにするんでしょうね〜


ところで
サノスの部下のでかいやつが腰につけてる布切れ、キャプテンマーベルのスーツの柄と同じですが実はすでに殺しているとかだったら面白いと思いますがどうでしょうか
Tomotaka

Tomotakaの感想・評価

4.0
とりあえずネタバレしたくないし次を見なきゃなんとも言えないけど、言えるのはロケットとグルートに救われたってことと、次作前までにもう一周MCU見なおすな。