こと

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカのことのレビュー・感想・評価

4.1
インフィニティウォーまでもう少し!

バッキー祭りだった〜♡
戦うバッキー・苦しむバッキー
・友情のバッキー・悟りのバッキーetc
色々なバッキーが楽しめます!

あれだけ個性的なキャラクター集まれば、喧嘩くらいしますよね〜

戦うシーンは相変わらず興奮します。
しかも、本作は沢山ヒーロー登場してそれぞれが大活躍!迫力あります。


アメリカンヒーローものってやたら破壊して結構大勢市民死んでる割に、最後は敵に勝って英雄扱いされて終了だったから、あんまり好きになれない部分があったんですが、

本作はそんな心の突っかかりを見事に題材にしてて、マーベルに対する見方が変わりました。

確かにヒーローが居なければもっと最悪な事態になっている可能性は大きいけど、
その裏で犠牲になっている人が沢山いることも忘れちゃいけないよね

所詮、映画だし作り話ではあるけれど、

『正義のため』

という名目で破壊行為が起き、犠牲者が出ているのは、現代の紛争終結やテロリスト一掃のための攻撃と同じだ。

ヒーローものに抵抗のある方も多いと思いますが、ちょっと見てもらいたいです!