メラ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカのメラのレビュー・感想・評価

4.4
これほど戦いの視点が変わると「そうだよなぁ・・・」と思う映画も中々ないですよね。
無実の人々の視点はバットマンVSスーパーマンでも垣間見えるし、正義の価値観はFateシリーズでも言われているけど、この映画もそれらをMCU流に踏襲した作品でした。
キャプテン・アメリカの主張もアイアンマンの主張も無実の人の主張もヴィランの主張も正しいし、その境遇になったら誰もがそうなるよなというのをヴィランとアイアンマンに関わるシーンで実感出来るから、いつも以上にシリアスでメッセージの重みがあるのは意外でした。

説得力のある主張に加えて伏線の回収も巧みでキャプテン・アメリカの盾につくアレが後半のとあるキャラクターの関係を主張したり、アイアンマンが開発した技術で魅せた世界観・台詞が終盤の展開に大きく関わる…などストーリーの手際の良さが凄く良かった!

だけどストーリーの良さに加えて、いつものMCU作品と同様にアクションシーンの楽しさ・カッコよさが光っていて後半の空港で行われる怒涛のアクションシーンは密度が高いけど、スマートで良かったし新キャラクターのスパイダーマンもブラックパンサーも良い味が出ていて見応えがありました!

ドラマとアクション共に面白くてオススメできる作品です!ブラックパンサ-とスパイダーマン ホームカミングも最高なヴィランがいるし楽しみですね~