シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの作品情報・感想・評価・動画配信

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ2016年製作の映画)

Captain America: Civil War

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:148分

4.0

あらすじ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に投稿された感想・評価

極上爆音にて鑑賞(2度目
キャプテンアメリカ3であり、アイアンマン4であり、スパイダーマン0であり、ブラックパンサー0な映画。
シビルウォーの重い雰囲気をアントマンとスパイダーマンがいい感じに中和してる!今後の展開が楽しみ!
こぱん

こぱんの感想・評価

4.5
これは期待以上に面白かった。
既存キャラの苦悩や対立にハラハラする一方で、
自由な新キャラたちの活躍にわくわくした。
アベンジャーズ同士が戦うシーンは見応え充分。
特に終盤の、アイアンマンとキャプテンアメリカの戦闘シーンは鳥肌が立った。
間違いなく名場面。
いいよ!!!
アベンジャーズが壮絶な仲間割れ!

今作からスパイダーマン、アントマン、ブラックパンサーらが新たにアベンジャーズに参戦!
ヒーローたちが、アイアンマン側とキャプテン・アメリカ側に分かれて激突するシーンは熱い!

トニー・スタークは、自分が引き起こしてしまった一般市民への甚大な被害を省みて、キャプテンは、政府の管理下に置かれたら、自分が正しいと思う行動を取れなくなることを危惧して、対立する。

何が正しいことなのか、ヒーローとしてのあり方を問い直す感じで、奥が深くて見ごたえがある。

このレビューはネタバレを含みます

監督のルッソ兄弟に「観客を驚かせるためにはキャラの人生観より展開を重視」という姿勢を感じてしまう。
この感想を書いている人物は、ルッソ兄弟と映画で楽しみたいポイントや大事だと感じる部分が重なっていないので、それ前提の意見として読んでください。

物語の展開の都合にあわせて登場人物たちの人格を捻じ曲げてしまったの、物凄く見ていて苦痛だった。
ホークアイってこんな人だったの?アントマンそんな理由で暴れて大丈夫か家族の問題は?ワンダそれは罪悪感からの逃避にしかならないよとか。
キャプテン・アメリカ主演3作目としてシビル・ウォーを持ってくるのは、扱う題材としてフェアじゃない。
この映画の中での行いで、何人ものヒーローたちが社会からの信用を無くしてる。一部の観客の失望も。
これまでの映画と地続きの人物像として、納得行くシビル・ウォーが見たかった。
この後の別監督のMCU作品、シビル・ウォーで描かれた人物たちのマイナス行動の後始末が続いている。
仲間割れ最高。かっこいい。
スパイダーマンの登場シーン好き。
>|