シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの作品情報・感想・評価

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ2016年製作の映画)

Captain America: Civil War

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:148分

4.0

あらすじ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に投稿された感想・評価

いつもの記憶なしかと思ったら本当に見てなかった
仲違いは悲しいな

いよいよ劇場で
エンドゲームへ
なおね

なおねの感想・評価

5.0
MCUにドはまりした一作。
この沼に落ちたことに気づいた。
こういうシチュによわい
物事には色んな側面があると、活躍の側面には必ずしも光ばかりではなく、少なからず影を落とす出来事もある。
キャップ、スターク両者の信念、思いのぶつかり合い。映画はシリアスであり見応え充分だった。
個人的にはキャップ手紙はないよ。
アントマン、ピーターパーカーはほっこりする。
ローズ中佐も毎回グッドです。
エイジオブウルトロンも観たけど、個人的にシビルウォーの印象が強すぎて評価出来なくなってしまった。
momoko

momokoの感想・評価

4.3
これは面白かった!ずっとムネアツ展開。
フゥーーーーッ!って言っちゃう場面のオンパレード。特にスカヨハとキャプアメ
ダニエルブリュールも途中で気づいた、グッバイレーニンの人!良かった。
Yukihisa

Yukihisaの感想・評価

4.5
アベンジャーズより豪華。笑
牛猫

牛猫の感想・評価

3.3
これまでの戦いによって街や市民に甚大な被害を与えたことから、今後の活動の仕方を巡ってアベンジャーズが対立する話。

キャプテンアメリカの名を冠してはいるけど、ほとんどのヒーローが出てくるし、どちらかというとアベンジャーズをつなぐ作品。
例によってヒーロー同士のド派手なアクションが思う存分楽しめる。

反面ストーリーは若干強引で、無理矢理仲間割れしてしまう展開はこれまでシリーズを見てきたファンからしたら少し辛い。
どっちも正しいけど、今回に限って言えばトニーの方が正しい気がした。実際ウルトロン騒動は擁護できないレベル。終盤の暴走は納得できないけども。

新たに登場したスパイダーマンにブラックパンサーとアントマンも、それぞれトニーとキャップに加担していたけど、殺伐としたバトルの中で虫虫コンビの気の抜けた掛け合いがオアシスのようだった。

それにしても単純な戦闘力ではスパイダーマンがずば抜けてるように見えた。
糸の汎用性も高いし、キャラ自体の知名度や人気も高いしで、今後アベンジャーズを担っていく存在になるんだろうなーというのが感じられた。トニーとの微笑ましい親子のような師弟関係も垣間見えた。

ハルクとソーの欠席が残念だったけど、それでも夢のヒーロー対決を見られるだけでも価値のある作品だと思った。
iii

iiiの感想・評価

3.3
つらい
トムホ可愛すぎんか〜😭🙌
この映画の唯一の癒しだわ

やっぱりエンドゲーム見る前に全部観とくべきだったなー
エンドゲーム前の作品観る度に、あーそういうことかーってどんどん謎が解けてく
enne

enneの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

面白かった

どっちの言い分もわかるけど、どうしてもスタークが子供っぽいこと言ってるように感じちゃう

大佐が撃たれたのは、ファルコンのせいじゃないやん。
>|