シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの作品情報・感想・評価

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ2016年製作の映画)

Captain America: Civil War

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:148分

4.0

あらすじ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に投稿された感想・評価

motio

motioの感想・評価

3.9
TSUTAYAでやっと借りられた。
果たしてエンドゲーム公開中迄どれだけ予習できるのだろうか?
キャプテンアメリカシリーズはこれがはじめてで、アイアンマン2作と、アベンジャーズとエイジオブウルトロンを地上波で観てからの視聴。
多少疑問を感じたり、名前が、誰だっけ?となった所はあったものの、そんなに混乱する事もなく、面白く観られました。
トニーは今回は結構シリアスなシーンばかりだったのですが、これはこれで良かったです。
アントマンやスパイダーマンも出てきて豪華な分、タイトルにもなっているキャップにフォーカスされる分量は少なかった印象でした。
おもち

おもちの感想・評価

4.1
最後の方はちょっと悲しいけど、全員集まるところはカッコよすぎる
仲間内の喧嘩です。対峙のシーンはみんなでてきてなかなか見応えあるしかっこいいけどピーターは喋りすぎね(笑)
バッキーとファルコンのコンビ、お互いボソっと言う感じがいいんだよな

この作品はヴィジョンのお家でお留守番感凄いのとキャップの手紙でごめんねが可愛いし、個人的には陛下ー!って感じです。
いいの

いいのの感想・評価

4.1
こういうのいいよね。
あび

あびの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ヒーロー対ヒーローってのがまた珍しい
どっちの意見も一理あるかもしれないけど
自分はキャプテン・アメリカ派かな
ウィンターソルジャーとハワードとの意外な繋がりは予測できなかった!
かめ

かめの感想・評価

4.5



この作品は、何回見ても心苦しくなる。
トニー側とスティーブン側で対立。
ただ、皆同志であることを忘れたわけではないので、完全対立ってわけではない。
トニーも苦しそうな表情を見せるシーンが多い。


その中でも、特に目を引いたのはロマノフ様!!!!!!!!!!!
美人で強くて心も優しいなんて、なんて罪ないい女なんや、、、。
仲間割れが起きた時もすかさずフォローするし、
スティーブンが悲しみに落ち込んでいるときには、駆けつけて優しく抱きしめる。
誰よりも心優しい女性なのです。
泣けてくるー。



あと、ワカンダきたーーーーー!!!
私ブラックパンサー好きなんです。
超興奮。
シビル・ウォーが公開されたとき、いまいち彼らの登場を理解できてなかったんです。
次回作に向けての新キャラだったわけですね!!!!
今作でティ・チャラに火がつく瞬間が見れていたということですね。



トニーがスパイダーマンをスカウトするシーン。
めっちゃ心打たれるシーン。

トニーは問う。
    何が君を駆り立てるのかと。

ピーターは、
    何かできるかもしれないのに、
    何かをしなかったことで悪いことが起きたら、
    それは自分のせいだ。
    困ってる人を助けたい。

いい質問するし、よくできた15歳だよね。。。。






余談です笑
個人的にもう一つ嬉しいことがあって、

ホーク・アイことクリント様おかえりーーーーー!!!!!!

ほんっっっっっとに大好きなんです。
何が好きってジェレミー・レナーが大好き!!!
加えてクリントってなんかクールで静かなイメージなんですけど、
誰よりも仲間思いの熱い男ってのもいいです!!!!
ほんと、好き。
めちゃ強いヴィジョンを持て余してる感。
これからにつながる作品という感じ

このレビューはネタバレを含みます

この作品は、今のアメリカをよく表していると思う。

ヒーロー達も、「外敵」がいなければ纏まって戦う理由がない。だから、考え方の違いから離れていく者が出てくる。これは、「冷戦」以降、敵がいなくなってしまったアメリカだと思う。で、「自分達は本来こうあるべき」と主張するキャプテン・アメリカと「今の世界に合わせてこうあるべき」とするアイアンマンが対立していくことになるのも、今までアメリカ社会そのもの。

どちらが正しいか、と聞かれたら両方とも正しいと答えるしかない。本来、「正義」というのは国家権力と結びつくべきではないんだけど、アベンジャーズが「正義」を行うためにはどうしても国家権力が必要になる。「正義」と「権力」、この二つが目指すものが違う場合にどうするべきかを問う作品なのかなと思う。

またキャプテン・アメリカは国家プロジェクトによって生まれた存在。キャプテン・アメリカが誕生した頃と現在におけるアメリカの違い、変質を伝えたい作品なんだとも思う。

あと、そういうのとは別に「チーム」としての役割を考える上でもこの作品は面白い。アイアンマンは確実にエースで一番人気。彼がストーリーの中心になるのは頷ける。ではキャプテン・アメリカは?実力や人気なら他のメンバーで彼より上はたくさんいる。でも、アベンジャーズを考える上で彼より重要な存在はいない。彼がいないアベンジャーズはもはや「アベンジャーズ」ではない。次の作品は多分、そういうことを考えさせられる作品になると思う。

でも、「オールスター」もこんな頻繁にやると有難味がなくなってくる。そういう意味では、これ以上やるのはどうかという気もする。だけど、少なくとも「バットマンvsスーパーマン」よりは見応えがあったと思う。
morine

morineの感想・評価

-
みんな味方だと思ってた人たちがとつぜん、(なにも背景を知らないわたしにとっては)ランダムなグループに分かれて戦い始めたから、びっくりしちゃった(笑)
m

mの感想・評価

4.3
キャプテンまじでかっこいい
>|