メーヌドビラン

ブラックパンサーのメーヌドビランのレビュー・感想・評価

ブラックパンサー(2018年製作の映画)
5.0

【映画『ブラックパンサー』はマジでヤバい。】



いかなる共同体もそもそも安定など全くしていない。すべての共同体は常に、フェイクである。日本国だろうが、アメリカ合衆国だろうが、大学のサークルだろうが、学校のクラスだろうが、あなたが帰属できるものは、すべてフェイクである。ストーリー性が巧みに考えられて作られたフィクションである。

それゆえ、ワカンダ王国がフィクションで、日本国はフィクションなどではなく実際の国家であるという私への反論は、全くもって無効である。なぜならば、私が心から愛している"ワカンダ王国"を誰かが勝手に作り上げたフィクションだというなら、日本国だって誰かが勝手に作り上げたフィクションだからである。ワカンダ王国は、私にとって日本国がそうであるように、私の中で現に生き生きとしている。だから、

"ワカンダ、フォーエバー!"

と私は心の中で叫ぶのである。

国家は、むしろフィクションだと自覚してから、それを守ったり、批判しなければならないような代物である。

たとえば日本国も、誰かが一生懸命執筆したストーリーであり、そのストーリーは、今、マジで生き生きとしている。その証拠に、この日本語を読んでいるあなたは、かなりの確率で日本人であり、俺は日本人であると名乗るとそれがかなりの確率で見ず知らずの他人を納得させる。この端的な事実が、日本国がいかにしっかり人々の心に根付いた、生き生きとしたフィクションであるかを"物語って"いる。しかし日本などというものはフィクションである。それは、圧倒的な事実であって、それでなにも問題はない。

逆に言うと、こういうことだ。

『日本』とかいう代物がフィクションである自覚がないのに、『日本が好きだ』とか言っている奴は、"日本がフィクションだと知ったら日本を好きじゃなくなるような奴"だ。だから右翼の名には値しない。

全ての共同体は、何らかの単純化された幻想によって自分たちが、隣に座っている誰かと、多分、同じだとイマジナリ=想像的に思い込むことによって成り立つ、まったくのフェイクである。希望的観測以外の何物でもない。

このフェイクは、なにかを忘却すること(=たとえば鎖国状態は、他国がいないと自国でいられないことの忘却によって成立していた)によって成り立つ。


そういう共同体が、なぜか安定しているように見えたとすれば、それは共同体内部に内臓されていた、見なければならないこの矛盾から目を背けているからだ。

問題は、上記の分析をどう活かすかである。この映画に登場する、エリック君という大学生の場合、この矛盾に、主人公のティチャラ王子とかいう甘やかされて育ったボンボンよりも、ずっと早く気付いていた。

なぜなら、彼は優秀で真面目だからである。というか、エリックの父エヌジョブさんが1992年のオークランド潜伏中に、ワカンダの孤立主義がいかにアフリカ民族にとって非道なものかを目の当たりにしてしまっていたからである。

ゆえに、彼はもともと左翼である。マサチューセッツ工科大の左翼学生である。

『賢者は橋を作り、愚者は壁を作る』、と主人公ティチャラ王子はこの映画のラストシーンで言うんだが、だったら悪役エリック・キルモンガーは圧倒的に賢者である。こいつほど"橋"を作ろうとした奴はいない。エリックは自由至上主義者である。つまりネオリベラリストである。

(最後、エリックが、「投獄されるくらいなら死を選ぶ」と言って自分からやりを引き抜いて死ぬのも、"自由"至上主義者だからである。彼らは自由を奪われるくらいなら死んだほうがマシなのである。よく生きるのではなく、ただ生きるのであれば、死んだほうがマシなソクラテスと同じで、極端な考え方だと言わざるをえない。)

このように、左翼というのは、しばしば慌てん坊だ。

【左翼とは潜在的に右翼である。】

これは、どういう意味か。

エリック・キルモンガーは、焦りすぎて、ネオリベになってしまった。つまり、【左翼が焦って右翼になってしまった】のである。これはそういう映画だ。

よくある話だ。"橋"を作った後で、橋の向こう側の奴を殺っちまったのである。なぜこうなったのか。ビビったからである。

慌てん坊左翼であるエリック君は、この共同体内部に内臓されている欺瞞が、うまくやれば消せると思ったのだ。

つまり、この欺瞞の原因を共同体の外部に求めたのである。つまり、自分たちを虐げて来たやつらを、"殺られる前に殺っちまえ"ば、また、生き生きとしたワカンダ王国に戻れると思ったのだ。世界中をワカンダ王国にしてしまえばいい/しまわなければヤバい、と思ったのである。ビビったのである。

これがエリックの間違いだった。実は、生き生きとしたワカンダ王国なんて未だかつて一度たりとも存在したことはないのであるが、それを忘れてしまった。

美しいワカンダ王国というフィクションこそを、あくまでもフィクションとして、守らなければならなかったのに、関係項に過ぎないものを、実体化してしまったのである。以下に、エリック君の論理展開をまとめてみた。

【エリック・キルモンガーの論理】

①鎖国して平和平和言ってるのは欺瞞だ。
②だから開国すべきだ。
③開国したのに、俺たちが生き生きとしねぇのはなんでなんだ。
④ワカンダ流に生きてない奴らがワカンダ王国を搾取してきてやがるからだ
⑤だから、あんなやつら信頼してたら俺たちが馬鹿を見るから、殺られる前に殺っちまえ。

④で"ワカンダ共同体"の実体化が発動している。なぜなら、ワカンダ国は、"ワカンダじゃない奴ら"がいないとワカンダ国ではあり得ないような関係項としてしか存在できないことを忘れているのである。

ワカンダがフィクションであったことに誰よりも早く①の段階で気付いていた天才エリック君は、速やかに、そのことを④で忘却してしまったのである。それは以下のセリフから分かる。

[Eric]
You know, where I'm from... when black folks started revolutions, they never had the firepower... or the resources to fight their oppressors.
なぁ、俺の地元のオークランドではな、黒人たちが公民権運動をやってたとき、彼らには銃火器や、圧政に刃向かうための資源が不足していたんだ。
Where was Wakanda? Hmm?
そのとき、ワカンダ王国はなにやってた?
Yeah, all that ends today.
こんなことは今日で終わりにするんだ。
We got spies embedded in every nation on Earth. Already in place. I know how colonizers think. So we're gonna use their own strategy against 'em. We're gonna send vibranium weapons out to our War Dogs. They'll arm oppressed people all over the world... so they can finally rise up and kill those in power. And their children. And anyone else who takes their side.
俺たちは既にスパイを各国に潜ませてある。俺は植民地主義者のやり方を学習した。だから今度はそれをそのまま彼らにやり返す番だ。ビブラニウム兵器で反乱軍を武装させ、圧政者を皆殺しにする時がやってきた。
It's time they know the truth about us! We're warriors! The world's gonna start over, and this time, we're on top. The sun will never set on the Wakandan empire.
彼らは真実を知る時が来た。俺たちは元来戦士だ。世界をすべてやり直しにしよう。今度こそ俺たちがトップになるんだ。ワカンダ帝国は日の沈まぬ国になる。

[OKOYE]
Wakanda has survived for so long... by fighting when only absolutely necessary.
ワカンダは本当に必要な時のみに限って戦うことでここまで生き延びてきたのです。

[W'Kabi]
Wakanda survived in the past this way, yes.But the world is changing, General. Elders, it is getting smaller. The outside world is catching up... and soon it will be the conquerors or the conquered. I'd rather be the former.
それは過去の話でしょう。世界は変わったのです、オコイエ将軍。先進国はどんどん影響力が小さくなり、第三世界が追いついて来ています。そしてもうじき、征服者と被征服者に分かれるでしょう。どちらかといえば、私たちは、前者になりたいと思うのです。



【つまりどういうことか】
なにをどうしようと、共同体がそもそも内臓している矛盾は乗り越えられない。なぜなら、共同体という発想自体がひとつの欺瞞だからである。すべての人物は、それぞれがそれぞれに対して、圧倒的な他者だからである。

そしてその他者たちがつくる共同体は、極めて複雑怪奇かつ繊細なバランスで、ほんの少しの刺激でさえも、押さえ込んできたものが噴出してしまうような、危うい幻想で成り立っている。

共同体は、常に既に、それ自体として、全くの単純化である。"共同体"とはブルシットのことである。

もちろん、ここまで述べてきたような根源的な国家の欺瞞に無自覚な、甘やかされて育った右翼である初期のティチャラ王子は、エリックよりもずっと阿呆である。それは以下のセリフから分かる。

[Eric]
I'm standing in your house...serving justice to a man who stole your vibranium
and murdered your people.
俺は王宮に立っている。俺は正義を運んできた。ビブラニウムを盗み、祖国の民を殺した偽りの王の元に。
Justice your king couldn't deliver.
この正義はお前たちの王がもたらすことのできなかったものだ。
Y'all sittin' up here comfortable.
お前らはそこで踏ん反りかえっている。
Must feel good.
さぞ気持ちいいだろうな。
It's about two billion people all over the world that looks like us. But their lives are a lot harder.
世界中で20億人の俺たちと同じ黒人が苦しんでいる。お前らよりもずっと悲惨な状態だ。
Wakanda has the tools to liberate 'em all.
ワカンダ王国は、彼らを自由にしてやれるんだぞ。その手段を持っているんだ。
And what tools are those? Vibranium. Your weapons.
その手段こそが、ビブラニウム。お前たちの武器だ。

[T'Challa]
Our weapons will not be used to wage war on the world.
我々の武器は、戦争を輸出するために使われたりしてはならない。
It is not our way to be judge, jury and executioner...for people who are not our own.
自国民でないものたちを統治するのは我々のやり方ではないのだ!

[Eric]
Not your own?
自国民でないだと?
But didn't life start right here on this continent?
人類はまさにここから、アフリカ大陸から発祥したんじゃなかったのか?
So ain't all people your people?
だったらすべての人類が自国民じゃねぇか。

[T'Challa]
I am not king of all people.
私はすべての人々の王ではない。
I am king of Wakanda.
私はワカンダ国民の王であるに過ぎない。
And it is my responsibility to make sure
our people are safe...and that vibranium
does not fall into the hands of a person like you.
むしろお前のような奴の手にビブラニウムが落ちないようにすること、自国民の安全を守ることこそが、私の責務なのだ。

[Eric]
Mmm...



【ティチャラ王子の学習】
しかし、ティチャラ王子は、最後に国際社会との協調路線を取りつつ、このブルシット(=幻想の共同体)を維持していくことを選ぶ。

なぜならば、共同体は、既にそれ自体で欺瞞なんだが、無いよりはあったほうが断然良いし、だったらそういう秩序を維持していくしかないんだが、そのためには、他の共同体も維持しないといけない、と理解したからである。つまり彼は、強くなったというよりも、単に頭が良くなったのである。

以下は私なりの結論である。

【主人公のティチャラ王子は、エリック君との戦闘を経て、最後には心を入れ替えて、世界に対して国を開くことにしたのだ。】

というこの映画についての解釈は完全に間違っている。こういう解釈が多過ぎて意味が分からない。

そんなことだったら、エリック・キルモンガーが、主人公のティチャラ王子よりもずっと早く理解していただろうが。重要なのは、そこではまったくない。

正しくは、

【最後に、ティチャラ王子は、端的に頭が良くなったのである。単に政治家として狡猾になったのである。政治家として、極めて優秀な手腕を発揮する真の為政者になった。ものすごく頭の良い政治家として国を運営するだけの知性が目覚めた。戦略的に動けるような教養が身についた】

のである。


以上が、この映画についての私の理解だ。


最後に、国連での、ティチャラ王子のスピーチを引用しておく。これは、この映画の製作者による、現在のアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプへの明らかな批判である。


My name is King T'Challa... son of King T'Chaka. I am the sovereign ruler of the nation of Wakanda. And for the first time in our history... we will be sharing our knowledge and resources... with the outside world.
私の名はティチャラ。ティチャカ王の息子である。私はワカンダ王国の主権者である。そして我が国の歴史上初めて、我々は、我が国の知識と資源を世界に公開する。
Wakanda will no longer watch from the shadows. We cannot. We must not. We will work to be an example of how we... as brothers and sisters on this earth... should treat each other.
ワカンダ王国は、もはや影から見守るだけではない。それは不可能であり、そうすべきでもなかった。私たちは、この世界の兄弟たちが、お互いのために助け合うことの良き見本となりたいと思う。
Now, more than ever... the illusions of division threaten our very existence. We all know the truth. More connects us than separates us. But in times of crisis... the wise build bridges... while the foolish build barriers. We must find a way... to look after one another... as if we were one, single tribe.
いま、世界は未曾有の状況にある。我々が人種的に1つの種族であるということを否定する幻想が、我々人間存在を危機に陥れている。私たちは互いに分離されるのではなく、通じ合わなければならない。危機が訪れたとき、愚者は壁を作り、賢者は橋を作る。私たちはお互いのためを思って行動しなければならない。まるで、一つの部族のように。