ゲンタ

キャプテン・マーベルのゲンタのレビュー・感想・評価

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)
4.5
単体ヒーローの一作目ですが、これまでのMCU作品(映画やエージェント・オブ・シールド)を一気に繋げる作品に仕上げ、このタイミングで公開したのは凄い。

フューリーの失明の理由(信頼してた人に裏切られた時の傷じゃなかったっけw)、クインジェットの初期モデル、アベンジャーズ計画の起源…など、謎と言うか説明がなかった部分への答えとして機能させつつ、エンドゲーム以降のMCUを匂わせる素晴らしい作品。

スーパーパワーを手に入れヒーローになるのではなく、既にスーパーパワーを持っている状態から、何度でも立ち上がってきた過去の自分を思い出すことでヒーローとして覚醒する新しいオリジン。

キャプテン・アメリカの精神力、アイアンマンのユーモア、ソー・ハルクの戦闘力、全てを兼ね備えたスーパーヒーローで、フル装備サノスが相手でもタイマンで勝てそうな気さえするので、バトル系作品についてまわるインフレ対策のマーベルの答えを期待しながら、アベンジャーズ/エンドゲーム、そしてフェイズ4以降のMCUを待ちたい。

映画開始直後のいつものオープニングロゴがスタン・リー仕様だったのは感動した。

…まぁいろいろ書いたけどヒロインのフューリーが猫を愛でるの見て楽しむ猫映画です。