だりあ

キャプテン・マーベルのだりあのレビュー・感想・評価

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)
4.2
最強女性戦士、実に良い。

本題は来月のエンドゲームであり、
そのプロローグ的な位置付けと新キャラの
お披露目映画ではあるが、あの規格外の
敵サノスに対抗しうるキャラが現れたと
いう期待感、やはり大きい。

単独の作品としてもキャロルの過去が
次第に明らかになり、旧友が支えとなる
人間ドラマ、更に敵味方が区別出来なく
なるスクラルの能力やそれを上回る
中盤の「逆転」など、流石は世界一の
シリーズたるMCUの盤石ぶりが伺える。
今回はスターウォーズを彷彿とさせる
ドッグファイトもあり、映像としての
見応えも新風が感じられ満足度は高い。

さぁ、残すは来月の決着。
彼女がサノスに一太刀浴びせてくれるで
あろうと期待する。