なめ

キャプテン・マーベルのなめのレビュー・感想・評価

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)
4.2
エンドゲームの前に観とかなきゃなくらいの軽い気持ちで行ったらとんでもなかった。今までの面白い所かっこいい所のいいとこどりで、MCUの現時点での集大成、そしてネコ映画でした。

以下、好きなとこ(プチねたばれあり)。



※スーパーマンやアクアマンなどのチート系主人公にありがちなハラハラ感がない感じはしょうがないやろな…っていう予想も外れ。精神的に未熟なところや、抑えられていた力が解放されてっていう流れがあるから適度にハラハラ。くせのある主人公が徐々に成長するの大好きです。MCUのお家芸だね。
※コールソンが相変わらず有能。エージェント・オブ・シールドシーズン4早く観なきゃ。
※「はい今笑うとこですよー」じゃない、さりげないユーモアにあふれてるとこ。
※司令官の誘導に乗らず、一発で終わらせるとこ。
※メンデルソーンをメンデルソーンと認識できたとこ。
※立ち上がれーのとこ。
※あの年代のメカメカしい感じとスターウォーズのオマージュっぽく見えるとこ。何かの設計図だか落書きだかがタイファイターのパネルに見えてしまった。
※あれカイル・マクラクランじゃない!?
※サンキュースタン!