アロー

キャプテン・マーベルのアローのネタバレレビュー・内容・結末

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

オープニングロゴで泣く。
ラストではなく、あえて最初に出してくれてありがとうマーベル!じゃなきゃ追悼の気持ちとラストのエモさで、頭がこんがらがったと思う(笑)

さっそく本題。
キャロルかっけーーー!!!すっごいチャーミングでイケメン!!!敵に「ウガアアアア!」って吠えたり、ガッツポーズしながら攻撃したり、自分が優位になるとニヤッとしたり。こういうヒーローが観たかった!マリアがキャロルに「手から火を出す前からあんたは強かった」っていうとこアツいね…!


今回、フューリーへの好感度も爆上がりだった。若いときはこんなにユーモラスだったんだな。キャロルとのバディっぷりも良い!

コールソンやロナンが出てきたときは興奮した。やっぱりこういうオリジンものってエモいよね…。マジでずっとMCUを追っかけてきてよかった…。

女性や難民とかの社会問題に切りこんでたけど、そのテーマがメインになりすぎてないのが良かった。マーベルのストーリーのまとめ方にはいつも脱帽。

エンドゲームに期待。マジで頼りにしてるよ、キャロル!