さよ

キャプテン・マーベルのさよのレビュー・感想・評価

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)
5.0
もっと早く観たかった。
あまりにカッコよすぎて、泣いた…………
なんかさ、純粋に女の子がヒーロー目指していいんだなって。
最近のMCUでダントツトップに興奮した作品。
スパイダーバースといい、「ヒーローとは」というメッセージ性に震えまくってる春休みでした笑

アクションが本当に良かったです。
今までmarvelが描いていた女性ヒーローアクションと明らかに違う。
女性のアクションシーンって、巻きつく感じというか、体の軽さを利用した動きをすることが多い一方で力技中心で素手でぶん殴りまくってる今作。なんかさ、「女」を武器にしてないなって。
アクション振り付けにめちゃくちゃ時間かけたのも頷けるハイクオリティさ。最高でした。
コスチュームもめちゃめちゃめちゃカッコいい。
ただカッコいい。

エンドゲーム公開直前の位置に置かれていたことからなんとなくエンドゲーム要素が多めの物語展開なんだろうなぁって思ってたけど、
今まで通り、1人のヒーローの誕生・成長を描いた作品に仕上がっていたこともとっても嬉しかったです。期待を裏切らないMCU。

脇役もみんながみんな最高。
まず、マリアとおチビ中将。カッコよすぎる経歴。キャロルの心の支えだったことは力を得た後も変わらず。カッコいいい!!
猫ちゃん最強。スクラムの変身能力もユニークで好きです。
若フューリーはこんなにコミカルな性格だったんだね。今までの威圧感ある演技とのギャップにやられた。めっちゃ好きになりました。
あと!コールソンンンンン!!何だかんだスクリーンで出会うのは初めてなので本当嬉しい!!

倒れても倒れても、何度でも立ち上がる。
それがヒーロー。
Nirvanaのあのシーンは強烈に心に刺さるシーンでした。

このレビューで何度「カッコいい」って発したんだろう。それだけカッコいい作品なんです。シビれた。