いのさん

キャプテン・マーベルのいのさんのレビュー・感想・評価

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)
4.0
《史上最強のマーベルヒーロー》

(あらすじ)

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに空からひとりの女性が落ちてくる。
彼女はクリー帝国の兵士として活躍していたヴァースであり、任務遂行中に惑星C-53(地球)に落下したのだった。
時を同じくして、クリー人の対抗勢力であり、「擬態」の能力を持つスクラル人のタロスたちも地球へとやって来ていた。
彼女は驚異的な力を持っていたが、過去の記憶が曖昧であり、身に覚えのない記憶のフラッシュバックに悩まされていた。
ヴァ―スは地球で活動を続け、ニック・フューリーたちと出会い、戦いを続けていくうちに、自分がかつて地球で過ごした記憶を取り戻していく。

彼女に秘められた力の正体とは?
そして彼女は一体何者なのか?

(感想)

アベンジャーズエンドゲームのため上映最終日に滑り込みで観にいきました。

最初はこのストーリーはなんなんだと思ってたけど、徐々に内容が理解でき始めて、最後にはスッキリしました。

ただ、もう猫ちゃんが最高に可愛くて、、、いいキャラしてました笑

過去のマーベル誕生を紐解く内容で、今日の夜からエンドゲーム観るので楽しみで仕方ないです!

(追記)

途中、機材トラブルで1分ほど会場が明るくなって帰りに謝礼として1作品無料券貰えました!
ラッキー! !!